「WordPress5.2で自動復旧機能が実現。プラグインの選び方、万が一の対応方法について」


佐々木晶子氏による表記コラムが鈴与シンワートで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

#

全世界の1/3のWebサイトがWordPressで動いている時代になりました。WordPressがここまで普及する理由は技術者でなくても簡単におしゃれなサイトを作れて、簡単に更新できるだからでしょう。これからWordPressを使ってWebサイトを作ろうとされている方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな方に朗報があるので、お伝えします。
WordPress次バージョンの5.2から、万が一の障害時に自動復旧する機能が備わります。心強いですね!
このコラムではこれからWordPressを始める方へ簡単なご紹介をいたします。WordPressは大きく分けて「WordPress本体」と、追加アプリケーションである「プラグイン」とデザインアプリである「テーマ」の3つの構成で作られています。

ちなみにWordPress本体の標準機能でもかなりのことができます。私が所属する吉政創成株式会社のWebサイトはWordPressで作られていますが、入っているプラグインは以下の4つだけです。

・GoogleAnalytics用のプラグイン
・バックアップ用のプラグイン
・お問い合わせ用のプラグイン
・SNSブックマーク表示用のプラグインで作られています。

なかなかうまく作っていると思いませんか?こんなサイトがノンカスタマイズで技術を知らなくても作れるのです。

ちなみにテーマは有料のものを使っています。無料のテーマもあるのですが、国産の有料テーマのほうが高品質なものも多く安心です。WordPressはテーマを変えるだけで、ガラッとデザインを変えられるので、とても便利です。今まではリニューアルのたびにWebページを個別に作り直す必要がありましたが、WordPressはテーマを変えればトップページなどの個別設定のところを修正してリニューアル完成です。実は吉政創成のWebサイトも先日リニューアルしましたが、テーマを変えてトップページの設定を変えるのと確認作業で2時間かかりませんでした。
この手軽さと高機能さがWordPressの売りなのです。ただ、WordPressの怖いところは「画面真っ白障害」です。WordPressを運営したことがある人は経験したことがあるかもしれません。これはプラグインとテーマのバージョンアップ時に不整合を起こし、画面が真っ白になってしまい、ログインもできなくなってしまう状態です。ちなみに真っ白になっても以下の方法で簡単に治るので、真っ白になった人は是非やってみてください。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/sasaki22/


Post Author: 佐々木晶子

佐々木晶子