「KUSANAGIでクラスタを組んでみよう第1回」


宮崎悟氏のコラム「KUSANAGIでクラスタを組んでみよう第1回」がデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

#

今回から、KUSANAGIでクラスタを組んで見ようと思います。

◆クラスタとは

クラスタ(cluster)は直訳だと塊という意味です。今回は、同じ機能を持つ複数のサーバーを連携して動作させることを指します。一般的には、クラスタには2種類あります。

– HA(High Availability) クラスタ
可用性(Availability)を高めるために使用されるクラスタです。携帯によって以下の2種類があります。

– Active-Standby型
通常は起動側(Active)で起動し、待機側(Standby)へデータをコピーし続けます。起動側に障害が発生したときにはサービスを即時停止し、待機側でサービスを再開します。

– Active-Active 型
すべてのサービスをすべてのサーバで行います。どのサーバが壊れても他サーバでサービス提供は継続されます。Webサーバなどで多く使われます。

– HP(High Performance) クラスタ(HPC)
高い計算力(Performance)を求める際に使用されるクラスタです。現在のスーパーコンピュータの上位の多くはHPCを使用し、分散計算を複数サーバで行うことにより高いパフォーマンスを得ます。

KUSANAGIは標準イメージに含まれるソフトウェアだけで、Active-Active 型のHA クラスタを構築することができます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/08/kusanagi-cluster/


Post Author: 宮﨑悟

Avatar
国立函館高専を卒業後、NEC協力会社に入社。UNIX・Windowsアプリケーション開発、Solaris/Linuxでのシステム構築に20年以上従事した。SolarisとLinuxを専門とし、OSおよび仮想化技術を得意とする。日本OpenSolarisユーザグループのメンバとして、OSCなど勉強会での登壇多数。 ○得意分野 言語: C、C++、Perl、Python、PowerShell OS: Solaris、Linux 過去の発表資料:OSCおよびhbstudyなどでの登壇経験あり。 https://www.slideshare.net/satorumiyazaki 過去の執筆記事: https://www.cloudn-service.com/magazine/member/satoru_miyazaki.html