「コンテナ型仮想環境『Docker(ドッカー)』を高速化する


吉政忠志顧問のコラム最新号がKUSANAGIパートナーのデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

「コンテナ型仮想環境『Docker(ドッカー)』を高速化する」

今話題の「Docker」の高速化の話です。興味がある方はご覧ください。

###
多くの方が想像しているとおり、ビジネスは加速化されていきます。
誰もが遅くなっていくとは思っていないと思います。

振り返ってみれば、電話とFAXがビジネスコミュニケーションの中心だったころと比べて、今は電子メールやチャット、TV会議など様々なコミュニケーションツールが発達し、Eコマースも当たり前の世の中になりました。それに伴い、一日に処理する情報量はかなり増えたと思います。当たり前のような出だしで始まりましたが、社会のビジネス環境は大きく進化し、スピーディーになっています。これからもそうです。

それに伴い、開発要件もより短納期が求められるようになり、開発手法もウォーターフォールからアジャイル開発にシフトしてきています。特にWeb関連の開発ではウォーターフォールの開発方式を取られている会社はかなり減少したのではないでしょうか?

そして、今、より高速に開発を進めていくための環境としてコンテナ型仮想環境が普及を始めています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/02/%e3%80%8c%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%8a%e5%9e%8b%e4%bb%ae%e6%83%b3%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%80%8edocker%ef%bc%88%e3%83%89%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc%ef%bc%89%e3%80%8f%e3%82%92%e9%ab%98%e9%80%9f/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任