転職はタイミングが全て。どの会社に就職するかで職業人生は全く変わってしまう。だからこそ、伸び盛りの会社に就職するべき。


プライム・ストラテジー顧問の吉政です。

転職の考え方は人それぞれですよね。

ステップアップしたい人。

楽な仕事をしたい人。

田舎に戻って就職したい人など。

転職の考え方や、理由は本当に様々です。

転職は職業人生を大きく左右するので、私が口をはさむことはないですし、否定もしません。

だってその人の人生ですからね。私はその人の人生に責任を持てません。

ただ、転職によってステップアップしたいと思う方がいれば、お伝えしたいことがあります。

私が不思議に思うのは、転職する際に、大半の人が今よりもいい条件にしたいと思っているのに、伸び盛りの会社を選ばない人がいるということです。

伸び盛りの会社は、ビジネスモデルがいいです。

ビジネスモデルがいいから、売りやすく、構築しやすく、トラブルになりにくいです。それ故に伸び盛りなのです。

つまりは、忙しくなりますが、仕事の難易度は高くはありません。

だって、売りやすくて、構築しやすく、トラブルになりにくいんですもん。

つまり、忙しいですけど、成果を出しやすいです。

伸び盛りの会社は、市場で目立っているので、いい履歴を作りやすいです。成果も出しやすいので、さらにいい履歴になりやすいです。

さらに、伸び盛りなので、昇給も受けやすいです。儲かっていない会社は昇給されにくいですよね。

でもですね、伸び盛りの会社だと、尻込みしてしまう人もいます。

「ついていけるかな?」「私でも大丈夫かな?」など思って尻込みしてしまう感じです。

ただ、ここで私は言いたいです。

ついてこれないような人を会社は採用しないので、大丈夫です。

入社してすぐにやめてしまう人を雇用してしまったら、雇用した側もいろいろ問題アリになります。

さて、伸び盛りのプライム・ストラテジーですが、ちょっといい企画があります。

それは就職相談カフェです。ここでは、どの職務が向いているか、やっていけそうかどうかをざっくばらんにお話しできます。

興味がある方は是非以下よりお申し込みください。一度お茶でも飲みに来ませんか?みなさんとお会いできるのを楽しみにしてます~。
https://recruit.prime-strategy.co.jp/recruit_cafe/

 


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任