WordPress5.0の推奨PHPバージョンについて

WordPress5.0の推奨PHPバージョンについて
Bookmark this on Hatena Bookmark

こんにちは。

こちらのページはWordPressで作成されたサイトのアプリケーション・サーバ保守運用をする部署の中の人が担当させていただきます。

ご挨拶として弊社での保守・運用までの流れをご紹介したいと思います。

大きく分けて2パターンありまして、

  1. 新規に制作したサイトをそのまま保守する
  2. 既存サイトを移設する

のどちらかが弊社の保守・運用フェーズまでの通常の流れです。

特に新規に制作したサイトをそのまま保守することができるのが弊社の強みであるかなと思います。

サイトの中身を知り尽くしつつ、かつサーバ保守会社を探す手間が必要ないという点でお客様に大きくメリットを感じていただけるのではないでしょうか。

また、既存サイトの移設もアプリケーション(WordPress)とサーバ(KUSANAGI)の両方で経験・実績があり、ご安心・ご納得いただける点が多い弊社ならではの流れではないかと思います。

WordPressサイトの移設ノウハウにつきましては、弊社代表中村が執筆いたしました以下コラムで公開しておりますので、ぜひご覧くださいませ。

@IT とにかく速いWordPress(第12回)

さて、WordPressは日々アップデートを重ねていますが、バージョン5のリリース準備も着々と進んでおります。進捗は日々マイルストーンのURLで確認することができます。

Make WordPress Core Milestone 5.0

その中で注目しているのは以下チケットでして、バージョン5からはPHP7.2を推奨にしようという流れです。

Make WordPress Core #42789 Bump recommended PHP version from 7.0 -> 7.2

PHP5系で動いているサーバもある中で、バージョン5のリリースに合わせてアップデートを考えていたり、これから新規サイトを作成する際にバージョン5で作成を考えている方もいるかと思いますが、サーバがサポートしているPHPのバージョンも併せて検討すると後々のコストが下がるのではないかなと思います。

今後はWordPressのアップデートに関する情報やサーバ構成を交えたWordPressサイトの運用について情報を発信していく予定です。

ではよきWordPressライフを。

▶超高速CMS実行環境 KUSANAGI公式サイト
▶KUSANAGIを利用したマネージドサービス KUSANAGI公式サポートサービス
『WordPress × KUSANAGI 課題解決事例100選』プレゼント
▶PageSpeed Insightsを劇的改善!WEXAL® Page Speed Technology

Bookmark this on Hatena Bookmark

WordPressカテゴリの最新記事