こんな時代だからこそ、ハードでも大量に経験が積める会社で働きたい


若手の皆さん、充実してますか? 将来は明るいですか?

30年後40年後先なんて、誰にもわかりませんが、比較的安泰にする方法があります。

それは実力をつけることです。

業界のトップクラスの実力をつけていれば、その業界が元気なうちは安泰です。

そして、万が一業界が凹んだときも、実はトップランナーは安泰だったりするのです。

なぜかというと、業界が凹むときは、何かに置き換わるときです。その何かに置き換わる新しいものは、業界のトップランナーに「乗りませんか?」と話が来るのです。その時に、間違わずに乗ることができれば、時代が変わっても生きていけます。

それ故に業界のトップランナーとして走り続けることが将来の自分のためにも重要なのです。

若手の皆様、今、トップランナーですか?

若いとなかなか難しいですよね。でも、同年代の中でトップランナーには頑張れば何とかなりそうですよね。

ここで考えてほしいことがあります。

今の仕事で、今の会社で業界の同年代とプランナーになれますか?

経験はたくさんできそうですか?

労働時間が制約されていたり、業務が単調で得られるものが少なかったりしませんか?

もし、経験があまり詰めない会社であれば、転職を考えてみるのもよいですよ。

転職はタイミングが重要です。

多すぎても少なすぎてもだめなのです。

例えば勤続20年43歳の方は初めての転職をしようとしても、まぁうまくいかないですよね。

一方で40歳で転職10回だと、面接先に「きっと長く続かないだろう」と思われてしまい、良いオファーが来ません。」

在籍期間としてそれくらいが適切なのかという話ですが、平均4年程度以上で10年未満程度あればいいように思えます。(一概に期間ではないんですけどね)

ただ、若い時の数年間はとても重要なので、まったく経験が積めない仕事に5年もいると、実力が伸びないので、その後、良いポジションに転職するのはかなり厳しくなります。

新卒から2年、3年くらいで、先が見えたらもっと良い会社に良い経験が積めるように転職したほうが絶対に良いです。

何故なら、若い時の濃い経験はその後の成長に大きく影響するからです。

一方で人生は積み重ねで、いきなりシンデレラストーリーはありません。

少しづつ、良い仕事を頂き、成功し、成長していくので、経験が少ない人や経験が足りない人には良い仕事が来ないのです。

若手の皆さん、今充実してますか?

ただ単に忙しいだけで、実力値が上がってないとかないですか?

もし不安に思われる方がいれば、是非以下の就職相談カフェにお越しください。

業界トップランナーのプライム・ストラテジーの先輩方がいろいろ相談に乗ってくれます。

ここではっきり断言します。業界トップランナーの会社にはトップランナーたるノウハウがあり、それだけの経験が積めます。そして、プライム・ストラテジーは業界外からの転職組が多い会社としても知られています。プログラマーとしての経験がある程度あれば、あとは頑張りで何とかなる会社です。

興味がある方は是非以下よりお申し込みください。一度お茶でも飲みに来ませんか?みなさんとお会いできるのを楽しみにしてます~。
https://recruit.prime-strategy.co.jp/recruit_cafe/

追伸:こんな文章を書く、私(顧問の吉政)はどんな人かと言うと、、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。お友達申請されるときはメッセージもお願いします。わりと情報公開しているので、フォローするだけで結構見えます。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

 

 

 

 


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任