「超簡単!KUSANAGIで常時SSL化をしてみよう!」


1.  KUSANAGIで超簡単!常時SSL化!

昨今のウェブ業界では、「常時SSL化」がキーワードです。

昔は「カートやウェブフォーム等、必要な所だけSSL化すればいいよね」といった感じでしたが、ここ数年で一気に「ウェブサイト全体をSSL対応させる」ようになりました。

しかし、従来「SSL証明書の購入・導入・更新」はとても大変な作業であり、かつてSSL対応サイトを運営してらっしゃった方には、その苦労が目に浮かぶのでは無いでしょうか。

KUSANAGIでは、これらをオールインワンパッケージとして、容易にWordPressサイト等に導入する事ができるようになっています。

2.  常時SSL化がキーワードの訳

これらの背景として、Google等のSEOのルールが変化しつつある事、サーバ・端末共に、常時SSL化に耐えられるだけの処理能力を得る事が出来るようになった事、及び、Let’s Encryptのように、容易にSSL証明書を導入出来るようになった、といった背景があります。

まず、google Chromeといったブラウザにおいて、SSL非対応サイトの取り扱いが変わり、SSL化に完全対応されていないサイトでは、「保護されていないサイト」と表示されるようになりました。

併せて、googleのサーチランキングに、SSL化(HTTPS対応状況)をスコアとして使用する事が明言されています。

HTTPS をランキング シグナルに使用します – Googleウェブマスター向け公式ブログ

http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2014/08/https-as-ranking-signal.html

サーバの世界では、10年ほど前より、サーバコンピュータの処理能力が向上し、SSLで使用する専門の処理をサーバコンピュータのみで処理出来るようになりました。従来は大規模サイトを中心に、「SSLアクセラレータ」という専用のハードウェアを使い、SSLの大量の暗号化処理を行っていました。しかし、このハードウェアはとても高価であり、簡単に購入・導入出来るものではありませんでした。


SSLアクセラレータの例:COMPAQ AXL300 SSLアクセラレータカード

また、SSL証明書においても、従来は高い金額を払って購入・導入・更新作業を行っておりました。しかし、無償SSL証明書「Let’s Encrypt」など、無償かつ安全なSSL証明書を使用する事が出来るようになり、SSL化の流れが一気に加速しています。昨年から、大手ウェブホスティングサービスでもLet’s Encryptを使用したサイトのSSL化に対応が始まっており、注目されています。

3.  KUSANAGIで常時SSL化はとってもカンタン!

KUSANAGIでは、オールインワンパッケージでサイトを容易にSSL化させる事が可能であり、また更新作業なども自動化されている為、とても気軽にSSL化させる事が可能です。また、SSL証明書の登録に必要なものは「技術連絡用のメールアドレス」のみであり、とてもハードルが低いです。

ここでは、実際に架空のサイトを作成し、常時SSL化させてみましょう。

3.1.   その1-サイトをSSL対応させる

実は、第1回の内容で、既にSSL化の準備は完了しています。ポイントは、「–email foo@example」の部分であり、ここをご自身のメールアドレスに置き換える事で、SSL化の準備は終わっています。

もしくは、プロビジョン(サイトの作成)時に、以下のような質問があります。

Let's Encryptを使用される場合、Let's Encrypt の使用規約に同意される必要があります。

使用規約に同意される場合、あなたのメールアドレスを入力してください。同意されない場合、Enterキーを二回押してください。

使用規約は次のURLより確認できます: https://letsencrypt.org/repository/

メールアドレスを再入力してください。

作成時に「よくわからないからメールアドレスを入力しなかった」場合、後から設定を行う事が可能です。

ここでは、例として「http://mirror.p.mikalab.info」というブログサイトがあり、SSL化の準備が出来ていないとしましょう。

この場合、「https://mirror.p.mikalab.info」にアクセスすると、以下のような画面が表示されます。


この場合、KUSANAGIの管理画面で、以下のコマンドを使用してSSL化を行います。

# kusanagi ssl --email <メールアドレス> <プロファイル名> 

(中略)

IMPORTANT NOTES:

- Congratulations! Your certificate and chain have been saved at:

/etc/letsencrypt/live/mirror.p.mikalab.info/fullchain.pem

Your key file has been saved at:

/etc/letsencrypt/live/mirror.p.mikalab.info/privkey.pem

Your cert will expire on 2018-07-28. To obtain a new or tweaked

version of this certificate in the future, simply run certbot-auto

again. To non-interactively renew *all* of your certificates, run

"certbot-auto renew"

- If you like Certbot, please consider supporting our work by:

Donating to ISRG / Let's Encrypt:   https://letsencrypt.org/donate

Donating to EFF:                    https://eff.org/donate-le

(中略)

上記の表示が為され、無事にSSL化がされました。

もし「Congratulations!」と表示されない場合、何かしらのエラーがある事が考えられます。

主に、「メールアドレスの間違い」、もしくは「プロファイル名の間違い」ですので、確認してみてください。

 

この状態で、再び先のブログサイトの状態を観てみましょう。


無事に「保護された通信」という表示に変わりました。

3.2.   その2-古いURLを自動転送する設定

さて、この状態では、「http://mirror.p.mikalab.info/」(古いURL)と、「https://mirror.p.mikalab.info」(新しいURL)両方でアクセスが出来てしまいます。

この為、場合によってはサイトが正常に表示されない場合があります。

ここでは、古いURLにアクセスがあった場合に、自動で新しいURLに転送(リダイレクト)する設定をしてみましょう。

# kusanagi ssl --https redirect <プロファイル名>

mirror.p.mikalab.info 上のすべてのトラフィックを永久的にHTTPSにリダイレクトするよう設定します。

nginx/httpd の設定を変更し、再起動しました。

完了しました。

僅か1コマンドで設定が完了しました。

ここで、再びブログサイトの古いURLにアクセスすると、以下のように自動的に新しいURLに転送される事が確認できると思います。

3.3.   その3-WordPressサイトの調整

しかし、このままではWordPressは「http://~」のままの設定で稼働しており、以降の更新作業等で不利になります。

ここでは、コマンド(wp-cli)でサイトの設定を一回で書き換えてみましょう。

# cd /home/kusanagi/blog_mirror/DocumentRoot/

# wp search-replace 'http://mirror.p.mikalab.info' 'https://mirror.p.mikalab.info'

wpコマンドには確認などありませんので、気になるようであれば「–dry-run」オプションを付ければ、テスト実行が可能です。

これにより、WordPressサイト内のURLを一括置換する事が出来ました。

 

4.  終わりに

今回の内容で、KUSANAGI上でWordPressサイトを運営している場合、とても簡単に常時SSL化できる事がわかりました。

Let’s Encryptを使った常時SSL化により、SSL証明書の更新といった煩雑な手続きや、高価なSSL証明書を購入する事無く、すぐに常時SSL化の恩恵を受ける事が可能です。

 

次回は、「KUSANAGI上のサイトをキレイに削除してみよう」です。

どうぞお楽しみに。

 

  • 本文中で紹介しているデモサイトは、予告なく運用を場合があり終了する場合があります。
    予めご了承ください。

Post Author: TsumuraAkira

TsumuraAkira
津村 彰 - Akira Tsumura - 合同会社リトルビッツ ファウンダー・CEO https://littlebits.co.jp/ 「日本の中小企業の情報システムをカッコよくしたい!」という想いから、プライム・ストラテジーを卒業したその年に起業。 普段は「情シスコンシェルジュ」として、中小企業の情報システム部門改善を中心としたインフラ整備・業務改善を日々行っている。 1997年に自作サーバでサーバ公開を始めて以来、パブリッククラウドの登場とLet'sEncryptの登場、KUSANAGIの登場は、日本のウェブ界を大きく変えたと思っている。 プライム・ストラテジー時代は、MSP事業部にて大手顧客を中心とした要件定義・実装・運用改善を担当。 データセンタからパブリッククラウドまで、サーバサイドの様々なインフラ構築や最適化を担当する。