「Google MFIにより、3000文字超のコンテンツが上位に掲載される神話が崩壊。この時代に求められるコンテンツとは」


KUSANAGIパートナーのディーアイエスソリューションでWebビジネス千里眼コラム第15回が公開されました。

「Google MFIにより、3000文字超のコンテンツが上位に掲載される神話が崩壊。この時代に求められるコンテンツとは」

今日は「MFI重点により、長文のコンテンツが受ける時代は完全に終止符を打たれるはず。この時代に求められるコンテンツとは」という内容で書きます。

今回はかなり推測交じりの話をします。推測ですが、多分当たりです。

そもそもMFIとはという話になります。Mobile First Indexの略でGoogleが検索順位を決める重要な考え方として打ち出しています。簡単に言うと、「モバイルでGoogle検索した時に最適に良質なコンテンツが表示されるWebサイトを検索上位に表示します」というものです。(語弊があるかもしれませんがおおよそそんな感じです)

ちなみに、Mobile First Indexの基準を満たしているかどうかというのを調べるGoogleツールがありますので、気になる方や最近チェックしていない方は是非調べてみてください。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2018/07/18/google-mfi%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任