穂苅智哉の「真剣!KUSANAGI語り場」第10回「KUSANAGIの今。利用できるサーバー環境とは?」


プライム・ストラテジー穂苅智哉のコラム第10回「KUSANAGIの今。利用できるサーバー環境とは?」がKUSANAGIパートナーのデジタル・ヒュージ・テクノロジーさんで公開されました。

###

今回はKUSANAGIが現在利用できるサーバーについて改めて紹介してみます。

2.2018年8月時点でのKUSANAGI対応サーバーとは
パブリッククラウド、プライベートクラウドそしてVPSに大きく分かれます。

パブリッククラウド
以下の18パブリッククラウドにて利用可能です。
KUSANAGI for Microsoft Azure
KUSANAGI for IBM Cloud(Bluemix)
KUSANAGI for AWS
KUSANAGI for Cloudn
KUSANAGI for IDCF クラウド
KUSANAGI for さくらのクラウド
KUSANAGI for S-Port
KUSANAGI for ConoHa
KUSANAGI for Z.com
KUSANAGI for GMOクラウド ALTUS(アルタス)
KUSANAGI for NIFCLOUD(Nifty)
KUSANAGI for GCP
KUSANAGI for HyperCloud(株式会社ハイパーボックス)
KUSANAGI for CloudGarage(NHN JAPAN株式会社)
KUSANAGI for EVA(鈴与シンワート株式会社)
KUSANAGI on Alibaba Cloud(Alibaba)
KUSANAGI for CLARA ONLINE(株式会社クララオンライン)
KUSANAGI for ASPIRE(ソフトバンク株式会社)

ハイブリッドクラウド
KUSANAGI Runs on Docker
KUSANAGI for VMware
KAGOYA JAPAN WordPress専用サーバー
KUSANAGI for Vagrant

VPS
KUSANAGI for EX-CLOUD(NHN JAPAN株式会社)
KUSANAGI for さくらのVPS(さくらインターネット)
KUSANAGI for CPI(株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ)
KUSANAGI for TENTEN(GMOインターネット)

この中のどれを使ってもKUSANAGIが利用できます。皆様の企業の状況などで柔軟に選択ができます。(例えば事業会社でしたらAWSが多いのかもしれませんし、学校法人や独立行政法人などはMicrosoft Azureが多いような傾向があります。)

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/08/hokari_kusanagi-2/


Post Author: 穂苅 智哉

穂苅 智哉