WordPressの実行環境においてKUSANAGIを使用しない理由がなくなった件


吉政忠志氏のKUSANAGIコラムがデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。 興味がある方はご覧ください。

#

全世界の1/3のWebサイトがWordPressで稼働するようになり、CMSの60%がWordPressになりました。
WordPressがここまで普及する背景には以下があると考えています。 ・コンテンツ管理が楽だから
・デザイン性が高いから
・プラグインやテーマが数万単位で存在しており、カスタマイズをしなくても奇麗なサイトを作れるから
・ほかのCMSの開発力が低下し、最新のGoogleSEO対応や最新のOSへの対応、バグフィックスへの対応に遅れが出てきているため
・ほかのCMSのシェアが急激に低下し、周辺のプラグインの開発も停滞し、更新がされなくなったり、脆弱性が放置されるケースが散見されるようになってきたため しかしながら、このWordPressにも他のCMS同様に弱点があります。他のCMSもそうですが、使いこなしてコンテンツ量が多くなればなるほど、表示速度が低下したり、管理画面が重くなるのです。この状況から脱出するための方法として、よく以下の案がとられてきましたが、効果はありませんでした。 ・表示速度はある程度、キャッシュやクラウドスペックの向上で対応できる場合もあるが、管理画面はどうにも軽くならないため、更新作業が億劫になる。
・WordPressのチューニングを専門家に依頼する方法もあるが、専門家の力量に依存し、高額なうえに、成功しない場合もある。 このような状況を打開するために生まれたのが「KUSANAGI」です。 (この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/01/kusanagi20190104/

Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任