結局どっちがいいの?静的ページと動的ページのあれやこれや。


事例取材担当 菱沼です。これまで、Webサイトの速度改善、セキュリティ面、運用と取り上げてまいりましたが、4回目となる今回は静的ページと動的ページについて取り上げていきたいと思います。WordPressを始めとしたCMSのほとんどは動的ページとして生成され、静的ページにしたい場合にはプラグインなどを利用する必要があります。中には静的ページをベースとするCMSもあるようですが、簡単に調べて出てきたのは数件程度。そんな静的ページと動的ページですが、それぞれいったいどんな特徴があるのでしょうか。

SEOではどっちが有利?

やっぱり最初に気になるのはSEO的にはどっちが有利なのかではないでしょうか。Googleによる過去の発言を調べてみたところ、2008年9月にどちらであっても変わりはなく、また、無理に動的ページを静的ページに変換する必要はないと公式発表されていました。その後、2014年には動的ページのURLについているパラメータが解りやすいものであれば、わざわざ変更する必要はないとコメントされています。それでも、どうしてもURLの変更を望む場合、301リダイレクトの処理をすることになりますが、どの程度継続させるかについては、ミューラー氏が大体1年程度であること、またその理由をコメントしています(2019年1月)。(各詳細が気になる方は下記のURLをご参照ください。)
不必要に静的化したURLよりもパラメータ付きURLをGoogleは好む

グーグル公式「301リダイレクトは1年経ったら外していいよ」発言の真意とは?【海外&国内SEO情報ウォッチ】

■わざわざ静的ページにする必要ある?

では、他の視点から見た時にはどうなるのでしょうか?それぞれについて一旦整理してみました。
 静的ページ動的ページ
速度速い遅い
セキュリティリスク低リスク高
ユーザー別表示不可可(例:SNS、買い物かご)
リアルタイム性
バックアップ楽:HTML/画像ファイルをDL△:CMSによる(※)
(※):WordPressの場合、バックアップ用のプラグインを利用します。基本的に各CMS用にバックアップの手段は用意されているはずなのでそれに従って行われます。大分ざっくり書きすぎた感はありますが、大体こんな感じかと思います。間違っていたらごめんなさい。それぞれにこうした特徴があるので、用途に合わせて使い分けるのがいいと思います。とはいえ、CMSを使っていても静的ページにしたい!ということもあるかもしれません。そうした時には利用しているCMSの拡張機能を利用することになると思います。

CMSで作ったページを静的ページにしたい!

Concrete5では拡張機能パッケージとして、WordPressではプラグインとして各デベロッパーから提供されており、それ以外のCMSにも何らかの手段は用意されていると思います。WordPressに関していえば、いくつか該当するプラグインは存在しており、名前が良く知られているものは以下3つなのではないかなと思います。
  • StaticPress
  • SimplyStatic
  • WP Static HTML Output
私が過去に利用したことがあるプラグインはStaticPressだけです(たぶん…)。StaticPressは、ページを投稿した後、毎回、再構築を実施する必要があります。これがまた動作が重い…。大規模サイトではイラッとすること間違いなし。(たぶん…)そんなわけで、どうにか速くなる方法はないものかと当時試行錯誤しましたが見つけられず、諦めて放置していましたが、KUSANAGIを導入すればそうした重さは解消できます。では最後に、それを証明する事例のご紹介です。セガホールディングス様が運営されるグループ全体の製品情報サイトではStaticPressを利用しており、再構築に時間が掛かりすぎて業務に影響が出ていらっしゃいました。KUSANAGIの導入後、速度は改善され、スムーズな運用を実現されたとのことです。

<導入経緯>

同サイトのCMSにはWordPressが採用されており、状況に応じた改修を行ってきた。また、Webサイトの安全性を高める目的で、動的コンテンツを静的HTMLに自動変換するプラグインStaticPressを併せて利用している。
こうした背景が積み重なった結果、最近になって動作が極端に遅くなり、更新に2時間かかることもある上、エラーになることも出てきた。これに危機感を覚えた同社は、これを解決すべく、急きょ解決策の検討を行うことにした。

<お客様コメント>

静的化を行うツールを変更する方法も候補に挙がりましたが、それよりも『KUSANAGI』の方が根本的な解決をして頂けるというか、サーバそのものを含めて管理していただけるというスタイルだったので、こちらのほうがいいなと思いました。実際、遅い原因の一つがWordPressの作りによるものだということで、ボトルネックになっているところをパッと見つけて、速くなる方法を契約前なのに提案してくれました。サイトの静的化スピードは格段に向上しました。更新に2時間かかるのはとても負担だったので、助かります。また静的化した公開サイトのページ遷移のスピードも上がりました。ページがサクサク表示されるのでうれしかったですね(笑。
https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/jirei_sega/

Post Author: 菱沼佑香

菱沼佑香