「60歳以上で行き詰る人生にしないために大事なこと」


吉政忠志顧問のキャリアコラムが公開されました。
興味がある方は、ご覧ください。

#

毎回強めの表現でキャリアのことを書いているが、それには理由がある。

私は幸いながら、老後の準備ができている方だが、大半だそうでないため、せめて若者には警鐘を鳴らしたいと思って、このコラムを書いている。おせっかいだが、一人でも多くの若者が、幸せな老後も過ごせたら嬉しい。

今回の老後コラムを書いている私はまだ49歳なので、老後と言われる年齢には達していない。しかし、今老後の準備をしている真っ盛りなので、感じたことを書いておく。

まず理解してほしいのは、20代、30代、40代よりも、60代、70代のほうが、多くの人の健康は減少し、収入も減少しているはずだ。健康が減少するので、退職したり、独立していても仕事が減るので、減収するのである。

もし、20代、30代、40代、50代、60代、70代と健康が増加の一方だったら、年収も右肩上がりになる可能性は高い。ここまで書くと、「なんだ健康のことか」と思うかもしれないが、今日はもう一歩二歩深い話である。

(この続きは以下をご覧ください)
https://recruit.prime-strategy.co.jp/archives/2352/


Post Author: 吉政忠志

Avatar
当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任