大企業=優良企業ではなくなった件。AIによる第三の労働力が変えること

大企業=優良企業ではなくなった件。AIによる第三の労働力が変えること
Bookmark this on Hatena Bookmark

こんにちは。プライム・ストラテジー マーケティング顧問の吉政でございます。今日は顧問としてではなく個人の意見を書きたいと思います。

以前は、従業委員が多い会社を大手企業と呼び、社員が多い方がそれだけ売り上げが多い時代がありました。社員が多いこと=それだけの人数の社員を雇用できる大きなビジネスをしている会社ということで、その会社が大手企業と呼ばれ、企業としての信頼が高い時代でした。

その後、AIが進化して、社員ができる仕事をこなせる技術に成長しました。機械学習により応用や学習もできるようになり、AIは賢く、ミスのない、24時間働ける労働力になりました。今の時代、AIで開発すれば、かなりの仕事をAIはこなせるようになります。AIがこなせないことは、「お金を所有すること」「コネ」くらいでしょうか。

さて、社員ができることをそのままAIが実現できたとしたら、経営者はAIと社員のどちらを選びますでしょうか?

(この続きは以下をご覧ください)
https://recruit.prime-strategy.co.jp/archives/2433/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Careerカテゴリの最新記事