才能を無駄にしてはいけない。才能を活かせる人は、自分を伸ばせる環境で働くべき

才能を無駄にしてはいけない。才能を活かせる人は、自分を伸ばせる環境で働くべき
Bookmark this on Hatena Bookmark

今年、50歳になった。社会人になって25年以上が経っている。これだけの年数が経つと、社会人スタート同期のメンバー同士でもかなり違った人生を歩いている。一言で言うと本人の能力と環境で相当違うのだ。能力がある程度ある人は、その能力に見合った環境が無ければ、腐っていってしまう。能力があって、成長しやすい環境で生活している人はかなり花開くのだ。若い人に言いたいのは、ご自身の才能を活かせる場所で全力を尽くしてほしいということだ。才能は伸びた地点から次のスタートが始まる。才能の開花による到達点は、うまくいけば果てしなく遠く、広がりがあるのだ。才能を無駄にしてはいけない。

私はある程度経験を積み、仕事をこなせる能力を持った人が更に成長するには、自分の考え方、動き方を変えるくらいの経験を積める環境が有効だと思っている。

同じレベルの作業を繰り返す事で、当然品質は上がっていく、しかしながらその品質の上がり方は、ある一定の成果を生み出す活動の範囲の中での品質が上がるという意味で、成果自体を大きく向上させる品質ではないことに気がついて欲しい。この環境はあまりお勧めできない。

(この続きは以下をご覧ください)
https://recruit.prime-strategy.co.jp/archives/2532/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Careerカテゴリの最新記事