コロナウイルス後も必要な人材とは(不景気に強い人材になろう)

コロナウイルス後も必要な人材とは(不景気に強い人材になろう)
Bookmark this on Hatena Bookmark

吉政忠志顧問の本気コラムが公開されました。

10年ごとに起こるパンデミック型のインシデントでも強く生きれる人材になるための考え方を書いていただきました。興味がある方はご覧ください。


新型コロナウイルスによって世の中の大半の企業が事業転換または事業の加速化を余儀なくされてしまった。

新型コロナウイルスは改革や革命のような影響を企業に与えてしまったように思える。新型コロナウイルス自体の致死率は人類に壊滅的な致命傷を与えるわけではないが、風評被害を含めるとかなりの脅威である。そういう意味では今の時代合わせた深刻な影響を与えるウイルスと言っても過言ではない。

このようなパンデミック型のインシデントは10年おきぐらいにやってくる。SARS、MARSなどなどだ。10年ごとに給与が下がったり、就職ピンチが起こってはたまったものではない。できれば、大きな影響があっても生活が安定してほしいし、不景気に強くなれればさらに良い。

私は幸か不幸か、サラリーマン時代も起業後も不景気に呼び出されて、不景気でも業績を伸ばしてきた。別に死の商人でもなく、マスクを転売したわけでもない。転売のような付加価値のない商売は一番嫌いである。

(この続きは以下をご覧ください)
https://recruit.prime-strategy.co.jp/archives/2581/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Careerカテゴリの最新記事