KUSANAGIはプラグインのアップデートはSFTP推奨ですが、パドラックのKUSANAGIクラウドは管理画面から直接更新可


こんにちは。プライム・ストラテジー 吉政忠志(兄)です。(弟もプライム・ストラテジーにいます)

KUSANAGIはプラグインのアップデートはSFTP推奨ですが、パドラックのKUSANAGIクラウドは管理画面から直接更新可

いろいろなクラウドのKUSANAGIを使用している私ではありますが、KUSANAGIの管理が一番楽なのがKUSANAGIパートナーであるパドラックが提供する「SaaS for CMS KUSANAGI」だと思っています。

そもそもKUSANAGIはセキュアな仕組みをいろいろ入れてまして、それ故にセキュアな状態になっています。通常のWordPressはFTPによるテーマやプラグインのアップデートが標準機能として組み込まれています。それゆえにKUSANAGIを使用していないWordPressはWordPressの管理画面から、更新ボタン一つでテーマやプラグイン、WordPress本体を更新できます。それはそれで便利なのですが、FTPによるアップデート自体がセキュリティ面で若干怖いですよね。 そこでKUSANAGIの場合は、FTPによるアップデートを閉じており、SFTPなどのセキュアなアップデート方法を標準としています。

SFTPにすることによりセキュアにはなりますが、SFTPでプラグインやテーマを個別にアップデートするのは若干面倒ですよね。

そこでご紹介したいのがパドラック提供による「SaaS for CMS KUSANAGI」です。こちらのKUSANAGIは独自のセキュアな方法で、WordPressの管理画面からWordPress、プラグイン、テーマなどアップデートがボタン一つでできるようになっています。

実際の「SaaS for CMS KUSANAGI」の管理画面は、普段のWordPressと同じ画面です。

プラグインの更新も普段のWordPressと同じ、更新ボタンを押すだけです。

安価な金額で、簡単な技術対応もしてくれるSaaSです。技術的な工数が発生する場合は個別見積もりになってます。

いかがでしょうか?KUSANAGIをさらに簡単に使えるパドラック提供「SaaS for CMS KUSANAGI」はお勧めのKUSANAGIサービスです。

本社は愛知県よりの静岡県になります。東京からは遠いですが、私は同社のクラウドを3サイトでもう長い間使ってますけど、不便はないですね。

興味がある方は、以下をご覧ください。
https://www.padrac.ne.jp/solutions/saas-kusanagi/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、2016年2月に取締役に着任。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任