「営業ツールとしてのGoogle速度測定ツール「TEST MY SITE」とその効果を考える」


プライム・ストラテジー顧問の吉政忠志氏によるコラムの最新号がKUSANAGIパートナーの鈴与シンワートで公開されました。

「営業ツールとしてのGoogle速度測定ツール「TEST MY SITE」とその効果を考える」

興味がある方はご覧ください。

###
少し前に、某インテグレーターの方と話をした時に「Webサイトが速くて何の意味があるんですか?」という言葉を頂きました。
この言葉を聞いて私はものすごく驚いたのですが、お客様にとってWebサイトは速いほうがいいに決まっていると思うのです。
Webサイトのパフォーマンスが悪いとお客様は開発会社にクレームしますが、速いと喜ぶものです。

少し古い情報ですが、米Amazon社が公表したデータでは表示速度が0.1秒遅れると、売り上げが1%減少するというデータも出ています。

そして少し前に話題になっていたのがGoogleの速度測定ツール「TEST MY SITE」です。このツールは非常に明確です。過去の統計情報から、「あなたのサイトが遅いので、●●%のお客様が離脱しています。」と具体的な損出をレポートしてくれます。

お客様のWeb担当者の方は、自社WebサイトのPV数などを向上させるために様々な努力をされています。そして、そのWebサイトのPV数を高速化することで離脱が減少し、PV数が●●%増えるのです。

Googleの速度測定ツール「TEST MY SITE」はスマホからのアクセスのみでの測定になりますが、スマホサイトが遅ければ大体PCサイトも遅いです。そして、速さが改善されれば、PCサイトもスマホサイトも回遊率が上がりPV数は確実に伸びます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column32/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、2016年2月に取締役に着任。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任