Webを活用した事業の投資対効果を上げるための人員構成を考える


こんにちは。吉政創成の吉政でございます。私はビジネスコンサルタントとして日本を代表する大手企業を中心にマーケティングコンサルティングをしているものです。私に興味がある方は私の名前「吉政忠志」で検索してみてください。私の活動を見ることができます。今回は少し思うことがあり、筆を執りました。

今の時代、Webを活用していない事業を探すことが難しいくらい、Webを活用する時代になりました。

20年も前は公式Webサイトというものもあまり存在していなく、当然、Googleの検索順位を気にしながらコンテンツを作ったり、SEO対策をしたりすることもない時代でした。しかも多くのビジネスは20年以上前から存在している業態です。つまりはWeb関連のコストは後から登場してきたコストということになります。

Webは追加のコストなので、その後、何とか自前で体制を作ろうとした企業が大半だったのではないでしょうか?

おそらく、今も自前で悪戦苦闘している会社も多いのではないでしょうか?皆さんの会社の体制はいかがでしょうか?ここでいくつか気が付いてほしいことがあるので、提案します。

<ご提案その1>最大コストの人件費は競争力を高めることに使用するべき

最大のコストは人件費です。例えば月収40万円の社員がいたとします。おそらく社会保険やスペースコストなどを考慮するとその社員は給与を含めると月80万円のコストが発生しています。月80万円もあれば、かなりしっかりしたWebサイトのマネージドサービスとマーケティングアウトソーシングを受けてもまだお釣りがくるはずです。月80万円のサービスを受ければおそらく、国内屈指の専門家、アウトソーサーのサービスを受けられることでしょう。世の中では、「所有する時代から利用する時代へ」と言われていいて多くの経営者も賛成しているはずです。労働力をいつまで所有するつもりですか?労働力も適所で利用するべきです。特に自社の競争力になるコア業務以外はすべてアウトソーシングしてもいいくらいです。社員を成長させ、強化させるべきコア業務に社員を投入し、それ以外はコスト的に安価で専門性の高い外部のアウトソーサーに委託することこそが競争力を高め、投資対効果を高める前提的な決断なのかもしれません。

<ご提案その2>採用するべきは常にトップグループにするべき

これは声を大にして言わなくても良いのですが、意外にそうなっていないので、あえて言います。

トップにはトップたる理由があります。多くの利用者が一番投資対効果が出るツールであると選択するから、トップシェアなのです。CMSではWordPressは2位の数倍の差をつけたトップシェアであり、CMSの高速実行環境ではKUSANAGIがほぼ独占状態です。WordPressのサポートや保守のシェアは市場データが出ていませんが、おそらく、プライム・ストラテジーが国内トップではないかと考えます。もし、CMSの保守やサポート、マネージドサービスを考えている方が言えれば、検討にトップシェアグループのWordPress+KUSANAGI+プライム・ストラテジーの保守を検討に入れるべきだと思います。トップシェアグループから提案を受けることで気が付くこともあります。

WordPress+KUSANAGI+プライム・ストラテジーの保守に興味がある方は以下のページをご覧ください。良いヒントがあるはずです。

WordPress+KUSANAGI事例集:https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/

WordPress+KUSANAGI保守サービス:https://www.prime-strategy.co.jp/service/operation_maintenance/

 


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任