Webビジネス千里眼コラム第08回「Ruby on Railsを高速化するKUSANAGI for Ruby on Railsの登場」


Webビジネス千里眼コラム第08回「Ruby on Railsを高速化するKUSANAGI for Ruby on Railsの登場」がKUSANAGIパートナーのディーアイエスソリューションで公開されました。

###
先日、プライム・ストラテジーから「Ruby on Railsを高速化するKUSANAGI for Ruby on Rails」が発表されました。

「KUSANAGI」はWordPressなどのPHP系のCMSやスクラッチのPHP系Webサイト全般の超高速化とセキュリティ強化を行う、OSSの実行環境になります。OSSなので「KUSANAGI」を利用するのは無料でできます。しかも、国内外の主要10以上のクラウドで簡単に利用できるので、世界中の誰もが簡単にKUSANAGIを利用できるのです。

いつでもどこでも無料で利用でき、超高速化とセキュリティ強化ができるので、すごく流行ってまして、2年間で国内1万サイトがKUSANAGI化されました。KUSANAGIはCentOSなど一般的なOSSを組み合わせてチューニングしたものなので、安心して利用できるということもあると思います。このような良いことばっかりのKUSANAGIですが、今までは効果が出るのがPHP系のみだったんですよね。

一方で、国内外のWebサイトの主要言語はPHPとRubyなので、かなり前からKUSANAGI for Ruby on Railsの登場が期待されていました。

昔、Rubyで作るWebサイトは遅いといわれた時代がありました。技術者の努力により改善されてきてはいますが、一方でRubyは大規模サイトでも使われるようになってきたので、高速化は今も求められています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.si-jirei.jp/2017/11/15/web%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E5%8D%83%E9%87%8C%E7%9C%BC%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0%E7%AC%AC08%E5%9B%9E%E3%80%8Cruby-on-rails%E3%82%92%E9%AB%98%E9%80%9F%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8Bkusanagi-fo/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、2016年2月に取締役に着任。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任