アクセスが集中する業務システムだからこそ、高速化が必要。高額なDBから高速且つ低コストのPostgreSQLへ


吉政忠志顧問のコラムがデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

「アクセスが集中する業務システムだからこそ、高速化が必要。高額なDBから高速且つ低コストのPostgreSQLへ」

###
多くの業務システムはアクセスが集中することが多いです。

例えば、勤怠管理システム、営業管理システムなどもそうですが、社員の皆様の作業が終わり、何かをするときに集中したアクセスになりやすいです。そこで、システム面ではアクセスが集中する最大時期に合わせて設計し、アクセス集中時でも快適に業務システムを活用できるように構築していると思います。

以前は、オンプレミスでハイスペックなサーバを購入しておけばよかったのですが、今の時代はクラウド上で作ることが多く、どうしてもアクセスが集中するとクラウドスペックもあげなければいけなくなります。そうなると、毎月支払っているということもあるので、クラウド料金がどうしても目立ってしまったりしますよね。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/03/%e3%80%8c%e3%82%a2%e3%82%af%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%81%8c%e9%9b%86%e4%b8%ad%e3%81%99%e3%82%8b%e6%a5%ad%e5%8b%99%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0%e3%81%a0%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%93%e3%81%9d%e3%80%81/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任