クラウドの登場によるLinuxディストリビューションの市場シェアの変化


KUSANAGIパートナーのデジタル・ヒュージ・テクノロジーで「クラウドの登場によるLinuxディストリビューションの市場シェアの変化」が公開されました。

OSSの成功事例としてKUSANAGIが紹介されています。

###

UbuntuというLinuxをご存知でしょうか?
Linuxの情報をある程度追いかけている人でしたら、ご存知のLinuxディストリビューションになります。このUbuntuは最近シェアを伸ばしているOSになります。

10年前のサーバOS市場シェアでは、Windowsシェア45%、Unixシェア30%でしたが、今はLinuxが96.6%でWindowsが1.7%になったというデータすら出てきています。それくらい、Linuxはシェアを伸ばしました。

興味がある方は「Linux シェア」で検索してみてください。いろいろなデータが出てきますが、いずれもLinuxのシェアが高いものになっています。

そして、Linuxサーバのディストリビューション・シェアは2017年8月現在で、Ubuntuが37.2%、Debianが31.2%となりました。詳しくは以下の調査データを見てみてください。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2018/03/ubuntu_linux/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任