津村彰のKUSANAGIで最高の「WordPressの遊び場」を作ろう 第001回 「設定を時短!ワイルドカードDNSを使ってみよう」


1.  わずか5分でWordPressサイトが作れる「KUSANAGI」

KUSANAGIは、最小限の手間で最高のWordPress環境が作れる、「魔法のOS」です。

しかし、魔法は呪文を知らなければ使えませんよね。

今回から3回に分けて、僅か5分でWordPressサイトを立ち上げる魔法をお伝えしましょう。

 

2.  最高の技術の遊び場=「サンドボックス」

エンジニアの世界では、自由に技術を試す場や環境の事を「サンドボックス」と言います。要するに、砂山を作っては壊せる、あの「砂場」ですね。

KUSANAGIは、WordPressを実運用の現場で使用するにはとても優れていますが、同時にサンドボックスとしてのポテンシャルも優れています。

KUSANAGIでは、今回お伝えする方法で、わずか5分でWordPressサイトを用意する事が出来ます。また、僅か数コマンドを使うだけで、環境を壊さずサイトを消す事も容易です。

 

これらを上手く組み合わせ、WordPressの最高の遊び場である「KUSANAGIサンドボックス」を作ってみましょう。

 

  • 1回目 – 設定を時短!ワイルドカードDNSを使ってみよう
  • 2回目 – 更に設定を時短!WordPressのインストール直後に常時SSL化
  • 3回目 – もっと時短に!要らなくなったサイトをキレイに消す方法

 

今回、以下のようなサンプルサイトをご用意しています。

1回目~2回目で、以下のサイトを作成し、3回目で削除をしてみましょう。

 

https://sword.p.mikalab.info/

 

3.  秘訣は「ワイルドカード」

ウェブの世界に居ると、よく「DNS」という魔物が現れます。

あの「切り替わるのに時間が掛かる」「設定が面倒くさい」「よくわからないけど必要」という、アレですね。

 

DNSとは、「FQDN(要するにサーバ名)」を、サーバの住所である「IPアドレス」に変換してくれる仕組みです。

例えば、「プライムストラテジー本社」といえば自動的に「大手町のファーストスクエア」まで連れて行ってくれる、地図アプリやカーナビのような動きをしています。ある時は電話帳や住所録といった例え方もされますね。

その仕組みは古く、なんと1987年(35年も前!)にこの仕組みが考案され、現在まで変わることなく使われ続けています。

実際、私は必要なのでそれらの仕組みを理解していますが、まるで古文書を読んでいるかのような気分になります(笑)。

 

しかし、現代ではそれらを知らなくとも、僅かマウス数クリックで設定をする事が可能です。

ここでは、Microsoft Azureの提供するDNSサービス「Azure DNS」を使ってみましょう。

 

4.  ワイルドカードとは?

「ワイルドカード」とは、コンピュータの世界では「あらゆるもの」を示します。

ご存じの方も多い「正規表現」に近いですが、それよりももっと原始的なものです。

もしカードゲーム「UNO」をプレイされた経験があるのならば、自由に色を変えられるカード、あれが「ワイルドカード」ですね。

 

よく、幾つものWordPressサイトを1サーバに設置する時、1サイトずつDNSの設定をしていませんか?

 

例えば、以下のようなサイトがあったとしましょう。

swoad.kusanagi.example → サーバ123.45.67

mirror.kusanagi.example → サーバ123.45.67

jewel.kusanagi.example → サーバ123.45.67

 

これを、全て同じ設定なのに、1つ1つ設定して動作確認するのは大変ですよね。

しかし、「~~~.kusanagi.example」は全て「サーバ123.45.67」と、1回で設定する事が可能です。

そして、この「~~~」の部分を、「*(小文字アスタリスク)」で表現します。

これが「ワイルドカード」です。

 

5.  Azure DNSでは、僅か数クリックでDNS設定!

私は、ドメインをGMOインターネット系列の「バリュードメイン」で、DNSサーバをMicrosoft Azureで、サーバを主にGMOインターネットの「ConoHa」で運用をしています。

実は「安い」「速い」「旨い」の3拍子揃った、まるで吉野家や松屋のような組み合わせを、かれこれ3年以上愛用しています。

 

類似するサービスは多数ありますが、主に以下のようなDNSサーバをお勧めしています。

 

有料サービスと聞くと、「でもお高いのでしょう?」という声が聴こえそうですが、実は数十個のドメインをAzure DNSに預けていて、実際は1ドメインあたり1か月僅か30円程度しか掛かっていません。

とてもアクセスの多いサイトであっても、アクセスが少ないサイトであっても、月間僅か数十円で、世界レベルで安定したDNSサーバを借りる事が出来ます。

従来、オンプレミス(データセンタ)などでDNSサーバを自分で構築していた身としては、この10年程で、とても便利かつ快適になりました。

 

その他のDNSサービスでも同様の設定が可能ですが、一部サービスでは「ワイルドカード」を使う事が出来ない場合があります。

その場合は、DNSサーバのお引越しが必要になります。

 

6.  実際にワイルドカードを使ってみよう!

実際、すでにAzure DNSでDNSサーバを作成・運用されている場合、僅か数クリックでワイルドカードを使う事が出来ます。

今回は、KUSANAGI for ConoHaと、Azure DNSの組み合わせで、弊社のテスト用ドメイン「p.mikalab.info」に設定をしてみましょう。

事前の設定作業等についてはここでは割愛しますが、皆様の環境に応じて読み替えてください。

 

7.  実際に設定してみよう

事前に、KUSANAGI for ConoHaでKUSANAGIサーバを構築済みとします。

KUSANAGI for ConoHaの構築の詳細は、以下のナレッジを参考にしてください。

KUSANAGI for ConoHa – KUSANAGI

https://kusanagi.tokyo/cloud/kusanagi-for-conoha/

 

また併せて、ドメイン「mikalab.info」を、Azure DNSゾーンにてホストしているものとします。

 

ここでは、KUSANAGI for ConoHaで、サーバのIPアドレス「163.44.167.65」を取得したとします。

 

次に、「*.p.mikalab.info」のサイトを、ConoHa上のKUSANAGIサーバで受信するよう設定してみましょう。

次に、AzureポータルよりDNSゾーンに、以下のような設定を行います。

以上で設定は終わりです。

 

さて、実際に動作するか確認をしてみましょう。

試しに、「hogehoge.p.mikalab.info」にアクセスしてみると、以下のようなページが表示されます。

これはウェブサーバ「nginx」が、「設定されているサイトが無いよ」というメッセージのサイトですね。

これが表示されれば成功です。

 

また、Windowsのコマンドプロンプトや、Linuxのシェルを使用されている場合、以下のようにコマンドラインからDNSの挙動を確認する事も出来ます。

 

Windows 10 コマンドプロンプトの場合

Microsoft Windows [Version 10.0.16299.309]

(c) 2017 Microsoft Corporation. All rights reserved.

 

C:\Users\AkiraTsumura>nslookup sword.p.mikalab.info

サーバー:  UnKnown

Address:  172.16.0.251

 

権限のない回答:

名前:    sword.p.mikalab.info

Address:  163.44.167.65

 

Linuxのシェルの場合

$ nslookup sword.p.mikalab.info

Server:         127.0.0.11

Address:        127.0.0.11#53

 

Non-authoritative answer:

Name:   sword.p.mikalab.info

Address: 163.44.167.65

 

8.  実際に5分でWordPressをインストールしてみよう

では、実際にKUSANAGIでWordPressサイトを作ってみましょう。

KUSANAGIコマンドを使用しサイトを作成しますが、ここでは可能な限りオプションを使用し、ワンライナーでサイトを作成してみようと思います。

 

# kusanagi provision \

--WordPress \

--wplang ja \

--email foo@example \

--dbname blog_foo \

--dbuser blog_foo \

--dbpass pass_foo \

blog_foo

 

Webサイトで使用するホスト名(FQDN)を入力してください。 例) kusanagi.tokyo

foo.p.mikalab.info

Webサイトで使用するホスト名(FQDN)をもう一度入力してください。

foo.p.mikalab.info

 

(中略)

 

完了しました。

#

 

この後、デモサイト「https://foo.p.mikalab.info」にアクセスすると、WordPressのインストーラが表示されます。

以下、通常通りWordPressをセットアップする事で、WordPressサイトを作ることが可能です。

 

次からは、上記のコマンドを使用する事で、煩雑なDNSの設定を省略して、好きなだけ「~~~.p.mikalab.info」のサイトを作ることが出来ます。

 

ここまでの結果、以下のようなサンプルサイトが僅か5分少々で作る事ができました。

https://sword.p.mikalab.info/

9.  終わりに

とても即効性のある「KUSANAGIサンドボックス」、いかがでしょうか?

テスト用に何個もドメインを持つ必要もありませんし、いちいち煩雑な設定を省略する事も出来る「DNSのワイルドカード」をご紹介しました。

その他のDNSサーバやKUSANAGIサーバでも同様の事が出来ますので、是非テスト用に環境で試してみてくださいね。

次回は、わずか1コマンドで即効性のある「KUSANAGI流、常時SSL化」をご紹介したいと思います。

 

  • 本文中で紹介しているデモサイトは、予告なく運用を終了する場合があります。
    予めご了承ください。

Post Author: TsumuraAkira

TsumuraAkira
津村 彰 - Akira Tsumura - 合同会社リトルビッツ ファウンダー・CEO https://littlebits.co.jp/ 「日本の中小企業の情報システムをカッコよくしたい!」という想いから、プライム・ストラテジーを卒業したその年に起業。 普段は「情シスコンシェルジュ」として、中小企業の情報システム部門改善を中心としたインフラ整備・業務改善を日々行っている。 1997年に自作サーバでサーバ公開を始めて以来、パブリッククラウドの登場とLet'sEncryptの登場、KUSANAGIの登場は、日本のウェブ界を大きく変えたと思っている。 プライム・ストラテジー時代は、MSP事業部にて大手顧客を中心とした要件定義・実装・運用改善を担当。 データセンタからパブリッククラウドまで、サーバサイドの様々なインフラ構築や最適化を担当する。