吉田行男氏による、社員インタビュー「寺井諒」編~大阪からリモート勤務で開発してます~


今回は、寺井諒さんをご紹介したいと思います。

 寺井さんは、大学在学中に知人の紹介で、Webプログラマーとして就職し、小規模顧客からの要望でプログラム開発から運用、機能提案までをこなしていました。最初は、Perlを使って開発をしていましたが、その後PHPを使うようになっていきました。

 

2社目でも同様に受託開発を続けながら、新規自社サービスの開発を少人数でこなしていましたが、さまざまな事情で退職し、フリーランスをするかどうか迷っているときにプライム・ストラテジー(株)から、声がかかり入社することになりました。

社外での活動としては、7/14にグランフロント大阪で開催される「php conference Kansai 2018」にて「PHPStormで始めるテスト環境」というタイトルで、IDEであるPHPStormとDockerを活用したテスト環境の構築について講演する予定です。これまでもPHPカンファレンスには、深く関わってきており、2013年と2014年のPHPカンファレンス関西では実行委員長も務めました。また、執筆活動も精力的に進めており、日経ソフトウェアのムックでも、PHPでの開発に関する記事も執筆しています。

 現在も自宅のある兵庫県の川西市に在住で、東京には、1回/月程度出社するという、いわゆるリモートワークでの勤務になっています。それまでの会社でもほぼリモートワークをしていたこともあり、それほど違和感はないようです。

以前は、PHPとMySQLを組み合わせて開発が多く、そのほとんどは自らが作成したフレームワークを用いたものでした。しかしながら、現在では、WordPressのコードを改修するということで、入社してからは、既存の関数の使い方などを勉強するようになりました。しかしながら、ただ単に関数の使い方を外から学ぶだけではなく、できるだけ、コアのコードを読み、理解してからプラグインを利用するなど、非常に熱心に取り組んでいます。

寺井さんのモットーは、「上手な人についていく」ということで、さまざまな場面で「上手な人」の近くに物理的にいるようにしているようです。「上手な人」の考え方、ふるまいなどを参考に自らの行動に生かせるようにと日々考えておられるようです。

また、入社して良かったことは、プライム・ストラテジー(株)がスポンサーになっているイベントで、名刺交換をすると、名刺交換した方々から非常に好感をもって、受け入れられることだそうです。今まで在籍した会社は、それほど大きくなく、なおかつ、有名でもなかったため、とても誇らしい気持ちでイベントに参加されているようです。

これからは、寺井さん自身も「上手な人」になって、後進の育成にも注力して頂きたいと思います。また、PHPのみならず、さまざまな領域での活躍を期待したいと思います。

カメラマン「吉政忠志」の目

プライム・ストラテジー顧問兼カメラマンの吉政です。寺井さんは、もともとPHPカンファレンス関西での出会いがきっかけとなり、私が主宰するPHP試験の団体「PHP技術者認定機構」のお手伝いをしていただいたご縁がある方です。そんな寺井さんがプライム・ストラテジーの社員になっていただけ、とてもうれしい限りです。寺井さんによりリモートワークでの就業形態実績もでき、その点でもよかったです。今後、地方の方でリモートワークに興味がある方は是非、プライム・ストラテジーの求人に応募いただきたいです。

プライム・ストラテジーに興味を持たれた方は以下の採用情報をご覧ください。

採用情報:https://recruit.prime-strategy.co.jp/

また、ちょっとお話を聞いてみたいと思われた方は以下の就職相談カフェでお茶でも飲みに来ませんか?

https://recruit.prime-strategy.co.jp/recruit_cafe/


インタビューワー:吉田行男氏
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。

 


Post Author: 吉田 行男

吉田 行男