吉田行男氏による、社員インタビュー「小川果純」編~根っからの努力家で積極的に取り組む姿勢が好評価~


今回は、小川果純さんをご紹介したいと思います。

小川さんは、東京都内の高校を卒業後、Webエンジニアになろうと思い、職業訓練校でHTMLやCSSについて、6か月ほど学びました。その後、その技術を生かそうと人材派遣にエンジニア登録をしていましたが、現実はデータ入力のような業務ばかりで、当初想定した仕事とは、かけ離れたものでした。そもそもWebエンジニアになろうと思ったのは、中学生の頃に、Webページを作成することがクラスで流行っていて、その時の経験を生かして、自らの職業にしたかったそうです。

その後、習得した技術を生かそうと、プライム・ストラテジー(株)に応募し、採用されました。それまではPHPもWordPressもよく知らなかったそうなのですが、運良く採用されました。人柄が評価されたのだろうと本人は笑いながらお話していましたが、けっしてそれだけで採用されたのではないと思います。

性格面では、根っからの努力家で、興味のあることはとことん追求するタイプのようで、何事についてもその姿勢は変わらないようです。入社して1年も経つ頃には、お客様と打合せて、WordPressでのサイト構築が全く問題なくできるほど業務に必要な技術は身についていました。その中には、入社して6ヶ月目の頃にWordPressのコアのコードを読む必要があり、そのような経験がそのような形で成果になってきていたのかもしれません。

現在は、コンサルティング業務から、マーケティング業務へ異動し、新しいことに取り組んでいます。業務の内容は、マーケティングとインサイドセールスとのフロー構築ということで、具体的には、セミナーやWebなどマーケティング活動で得られたインバウンドデータをMicrosoftのDynamicsを活用・分析し、インサイドセールへ展開するという内容になります。今までのお客様のサイト構築という仕事を離れ、社内向けのシステム構築ということで、お客様の要望に合わせて構築するという形ではなく、自分で考えてシステムを構築するという業務を楽しんでいるようです。

また、お休みも各種のイベントに参加したり、プラグインを作成したりと忙しい日々を送っているようです。そのような中で、二重ログインを禁止するプラグインやTransientを全てクリアするプラグインが公式プラグインディレクトリに掲載されるなど、着実に成果を上げています。

中学生の頃には、学習塾の先生になりたかったということで、人前でお話しすることも上手で、わかりやすく説明することができるようので、今後はこのような部分も伸ばして、会社を牽引できる人材になれるように頑張ってもらいたいです。

◆カメラマン「吉政忠志」の目
プライム・ストラテジー顧問兼カメラマンの吉政です。小川さんはWordPressのイベントにお仕事によく頑張る女性という印象です。若いですがしっかり者で、頼れる存在という感じです。少し話がそれますが、プライム・ストラテジーの社員の方はWordPressのイベントに東京のみならず地方開催にも足を運びます。これも一つの仕事の楽しみ方だと思っています。WordPressを通していろいろな人と交流し、仕事にも生かしていくような働き方はプライム・ストラテジーならではかもしれませんね。

プライム・ストラテジーに興味を持たれた方は以下の採用情報をご覧ください。

採用情報:https://recruit.prime-strategy.co.jp/

また、ちょっとお話を聞いてみたいと思われた方は以下の就職相談カフェでお茶でも飲みに来ませんか?

https://recruit.prime-strategy.co.jp/recruit_cafe/


インタビューワー:吉田行男氏
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。

 


Post Author: 吉田 行男

吉田 行男