全方位的な高速化対応をしなければ、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsで評価されない時代へ


吉政忠志顧問のKUSANAGIコラム「 全方位的な高速化対応をしなければ、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsで評価されない時代へ 」が鈴与シンワートで公開されました。

#

GoogleがWebサイトに対して求める要件は年々厳しくなってきています。例えば、以前、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsのスコアで高得点を取っていたサイトも2,3年も放置すれば、スコアが落ちていくなどと言うこともよく聞く話です。

一説によると、TEST MY SITE、PageSpeed Insightsのスコアは絶対評価ではなく、相対評価ではないかという意見も出ています。常に上位の高速さを維持しておかなければ高いスコアをとれないような雰囲気すらあります。
推測はさておき、Googleのツール群の結果は結果です。このスコアの結果が「遅い」判定(ペナルティ)だと、検索順位が上がりにくく、場合によっては落ちていきます。具体的にはGoogleAnalyticsでGoogleリファラーが毎週10%近く落ちている状況があれば、それは何らかのペナルティを受けている可能性が高いのです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column54/


Post Author: 吉政忠志

Avatar
当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任