フロントもバックも高速でないと対Google SEOで高得点が出なくなった件

フロントもバックも高速でないと対Google SEOで高得点が出なくなった件

吉政創成の佐々木昌子氏のコラムが鈴与シンワートで公開されました。


KUSANAGIはプライム・ストラテジーが開発したWordPressなどのCMS向けに高速チューニングしたOSやDBなどをスタックした実行環境です。国内トップクラスのWebエンジニアがチューニングしただけあって、世界トップクラスの高速性能を持っています。

ただ、最近、Googleが提唱する速度基準を満たそうと思った場合、KUSANAGIだけでは、事足りなくなってきました。そもそも、Googleはページの表示速度で見ているので、バックグラウンドが速くても、フロントが遅ければ、そもそも表示速度は高速化しません。フロント部分とは、Googleの速度測定ツールである「PageSpeed Insight」や「TEST MY SITE」で測定して「遅い」判定が出た時の改善点として挙げられる「CSS周り」や「JavaScript周り」などのことです。ここも速くしないと、Googleの速度測定ツールである「PageSpeed Insight」や「TEST MY SITE」で「遅い」判定を受けてしまい、検索順位が上がりにくくなります。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/sasaki31/


Web高速化カテゴリの最新記事