KUSANAGI×WEXALで、サイト表示速度が最大で-8秒に

KUSANAGI×WEXALで、サイト表示速度が最大で-8秒に
Bookmark this on Hatena Bookmark

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今回ご紹介するのは、読者を順調に伸ばしてきたメディアサイトで、Webサイトの速度の遅さやサーバトラブルが増えてきたことをきっかけにWEXAL®を導入したという事例です。

該当のサイトではサイトの表示に体感で10秒ほどの時間が掛かっていたそうですが、最終的に2,3秒にまで改善し、そして、Google PageSpeed Insightsのスコアが40点ほど上がったと言います。

ではなぜそこまで改善することができたのでしょうか。

■メディアサイトにとってパフォーマンスの劣化は深刻な問題

サイトが成長すれば、トラフィック量が増え、データ量も蓄積されていきますので、どうしてもサーバのパフォーマンスは落ちますし、その分Webサイトの表示に時間が掛かってしまうようになります。

すでに何度かご紹介している通り、Webサイトの表示に3秒で32%、5秒で90%、6秒で106%が離脱するという結果がGoogleから公表されています。

(参考:Find out how you stack up to new industry benchmarks for mobile page speed|Google

つまり、サイトの表示に時間が掛かればかかるほど、離脱率が上がり、その結果、PV数の低下やCV率の低下という結果を引き起こします。

メディアサイトの場合、広告を預かることで収入が成り立つことがほとんどですので、閲覧数の低下は収入の低下に直結します。

また、メディアサイトはニュースサイトに配信する事も多いため、急激なアクセス数が発生することが多々あります。パフォーマンスが悪いWebサーバを放置し続ければ、トラフィックを処理しきれずサーバダウンを繰り返すようになる可能性も出てきます。そのまま放置し続ければ、そのサイトへの信頼度も低下しますので、メディアサイトにとって、事態はより深刻なものとなってきますので、対処は急がなくてはなりません。

■KUSANAGI×WEXALでより効率的な高速化を実現

さて、このサイトのお話に戻ってみます。

もともとこのサイトを管理しているサーバでは9つのサイトを運営されていたそうで、まずはKUSANAGIを導入してみたところ、表示速度が改善されたそうです。

その後、しばらくはそのまま運用していたものの、今後のリスクヘッジを考え、サーバ構成も含めた改善をすることになり、その改善策をもとめてプライム・ストラテジーに相談したところ、WEXAL®を紹介されたそうです。検証した結果、改善が見込めることが分かったため導入を決められたと言います。

KUSANAGIはバックエンドの速度を改善しますが、WEXAL®はフロントエンドの高速化を実現します。

同サイトの場合はKUSANAGIとWEXAL®の双方を併用することで、より効果を高め、サイトのパフォーマンスを改善させることに成功したということのようです。

最終的にWebサイトの表示速度が10秒かかっていたところを2,3秒に、そして、Google Page Speed Insightのスコアが40点ほど上がるという効果を生み出したということでした。

WEXAL®の導入による効果を知りたい方は、「WEXAL® Page Speed Technology」と 戦略AI 「David」の導入成果を事前に確認するためのシミュレーター「ONIMARU」をお試しください。

それでは最後に事例ページのご紹介です。

■事例のご紹介

未来がもっと楽しみになる金融・投資メディア「HEDGE GUIDE」WEXAL ® 導入後にセッション数が130%に

ハーチ株式会社/HEDGE GUIDE

<課題>

  • Google PageSpeed Insightsのモバイルの点数が20点台~30点台と低く、表示に5~10秒程度かかっていた
  • トラフィック数の増加に伴い、サーバトラブルが増加した
  • サイトの成長に合うサポート体制の構築とセキュリティ対策を行っておきたい

<効果>

  • WEXAL® によりGoogle PageSpeed Insightsの点数が60点~70点に向上、セッション数が130%に増加し、読み込み速度は2秒~3秒に改善した
  • サーバトラブルが減少した
  • KUSANAGIと公式サポートサービスによって適切な保守体制とセキュリティ環境を実現した

<お客様コメント>

導入前、アクセスが集中するとサイトが重くなってしまうこともありましたが、移設後は大きなトラブルも無く安定して稼働を続けています。

また、ページ読み込み速度やGoogle PageSpeed Insightsも大きな改善が見られました。サーバやページ読み込み速度などに関して頭を悩ませる時間が少なくなり、本来の業務に専念できるといったメリットも感じています。

数値でいえば、コロナの影響もあったため、単純な比較が難しい部分はありますが、自然検索経由からのお申込み等に至る率は移行前後の2ヶ月で比較すると+23.5%改善しています。また、セッション数は130%以上に増加しました。https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/jirei_harch-hedgeguide/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Businessカテゴリの最新記事