東京オリンピックによって可視化された古い社会体質。今後は変化に気が付かない時代へ。プロフェッショナルへのアウトソーシングが重要な時代へ

東京オリンピックによって可視化された古い社会体質。今後は変化に気が付かない時代へ。プロフェッショナルへのアウトソーシングが重要な時代へ

他の国のオリンピックはわからないが、過去二回の東京オリンピックでは、大きな変化をもたらしたと思っている。最初の東京オリンピックは戦後復興を掲げ、高速道路、新幹線などハードウェアが東京オリンピックに合わせて改善・新構築されている。これは誰が見てもわかりやすい変化だ。やはり目で見て変化を感じやすいハードウェアの変化は誰が見てもわかりやすい。

今回の東京オリンピックはどうかと言えば、新国立競技場の建設などはあったものの、社会インフラ、国民生活に影響を与えるような大きな変化はハードウェア面ではなかったと思う。いやソフトウェア面でも明確な変化はなかったかもしれない。東京オリンピック2020を境に、国民の意識が大きく変わったわけでもなく、ライフスタイルが変わったわけでもないからだ。しかし、世の中は多様化の流れにあるので、そもそも多様化の世界では、全体が大きく変わるようなことは起こりにくいのだと思う。多様化の世界では個々が別々のライフスタイルで個別に生活するので、今回の新型コロナウイルスの様な日本全体に影響を与える災害クラスのインシデントが起こらないと国民全体に影響を与えるようなことは起こらないのかもしれない。

ただ、東京オリンピック2020では、多くの人が薄々感じていた古い社会体質(ジェンダー的な事や多様性に反すること)や変えるべく決定プロセスなど浮き彫りになったと思う。敢えてここでは書かないが、時代遅れ的な体質が露呈していたと思う。

これらの古い体質や時代遅れな体質が発生する原因は、閉鎖的な組織が継続すると考え方や判断基準が凝り固まって、変化しなくなり、古い体質が古い文化になって、変化することがなくなっていく。これらのことは会社でも起こるのだ。「うちがまさにそう!」と思う人も少なくないと思う。

会社でもそうだが、部門や個別の業務でもそうだ。部門や個別の業務も閉鎖的な組織で運営すれば、必ず凝り固まる。このような時にお勧めしたいのが、外部の専門家への業務アウトソーシングである。もちろん、顧問に委託するのでもいいのだが、顧問は実際の業務をするわけではないので、完全に第三者の意見になってしまう。それはそれで斬新な意見を頂けることもあるのだが、業務の一部をアウトソーシングする方が、業務の実情を知ったうえでの専門家の意見もいただけるので、業務品質が向上したうえで、より的確な第三者意見を頂きやすいと考える。

さて、いろいろなアウトソーシングのサービスがあるが、最も効果が出やすいものの一つがWebサイトのアウトソーシング(マネージドサービス)であると考える。その理由はWebの世界は完全なソフトウェアの世界であり、技術の進化もとても速く、その技術浸透も速いからである。そして、Webはビジネス上重要になっている組織が多いためである。今や、新規顧客のリード開拓において、Webは最重要になっていると言っても過言ではないと思う。

今の時代、Webサイトのアウトソーシングを提供している会社もかなり存在しているが、私は、事例が多いところをお勧めする。事例が多いということはそれだけ多くのお客様にWebサイトのアウトソーシングを評価されていると思うからだ。

このコラムを掲載いただいているプライム・ストラテジーは200サイト近い事例を公開しています。これらの事例を見るだけでもWebサイトのアウトソーシングを検討するうえでの参考になると思う。

<プライム・ストラテジー KUSANAGI事例集>
https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/


Businessカテゴリの最新記事