日本の年収は30年横ばいという調査データ。AIで高収益化する企業と低収益コミュニティ化する企業と廃業する企業の3極化へ。君はどの企業を選ぶか。

日本の年収は30年横ばいという調査データ。AIで高収益化する企業と低収益コミュニティ化する企業と廃業する企業の3極化へ。君はどの企業を選ぶか。
Bookmark this on Hatena Bookmark

吉政忠志氏のコラムが公開されました。興味がある方は是非ご覧ください。

10月16日の日経新聞朝刊に驚く調査データが一面に出ていた 。OECDの調査データによると30年間日本人の平均年収は横ばいだった。OECD加盟国の平均は約30%増で米国は50%増だ。

30年前の日本の物価と比べて今はどうなったのか。30年間価格据え置きで販売してます!というお店があれば「おお!」と思う人も多いのではないだろうか。多くの商品が30年もたてば価格は上がる。消費者物価指数を見ると、30年間で20%ほど物価が上がっている。

この30年間、物価が上がるも年収は横ばいでも生活できるのは、日本人が倹約生活上手になったのか、社会のインフラが倹約生活に適しているのかはわからない。ただ、30年前社会人になった私としては、当時バブルだったころと比べるとかなり生活スタイルが変わったと思う。

ただ思うのは30年間も年収が横ばいということはもう社会の仕組みとして何かの変革が起こらないと大きく変わらないと思う。そもそも日本が高度成長期だったころは、輸出が高成長のころであり、国際的競争力が高まらないと、高成長は望めない。何故なら日本は小さなリソースの国だから。
(この続きは以下をご覧ください)
https://recruit.prime-strategy.co.jp/archives/6907/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Careerカテゴリの最新記事