地方で働くエンジニアの方でプロジェクトマネージャーやWebディレクターを志すなら東京で働いたほうが成長しやすいと思う件


東京生まれ地方育ちの私は自然が好きで、アウトドアの趣味を持っています。

車にはいつも釣り道具を乗せていて、釣れる場所があるとその場で釣り、火をおこし、魚をさばき、どこでもBBQができるくらいです。ついには田舎に別荘を買って週半分は田舎で仕事をしています。やはり自然は良いです。そして、地方は人との距離が程よく近く暖かさを感じられ、そういう意味でも地方が好きです。ご飯も美味しいです。

でも、職種によっては東京のほうが経験を積みやすいです。例えばIT業界で言えば、Webディレクターやプロジェクトマネージャーなど、ビジネスユーザのフロントに立った技術職はその成長の差が大きく出ます。

理由ははっきりしていて、地方と東京圏ではビジネスの量が圧倒的に違うからです。

1955年に東京圏はニューヨークを抜き世界一のメガシティ―となり、GDPは1兆6千億ドルを超え世界一になりました。人口、GDPともに日本の1/3が集中し、東京圏だけで韓国のGDPを超えます。

この世界一の都市圏には当然日本一の仕事量があります。お客様のフロントになってマネージする仕事の量が圧倒的に多いのは間違えありません。 もちろん、オフショアのような下請け仕事も多いです。しかし、割合的にも数量でも顧客フロントの仕事が一番多いのは間違いないと思います。

エンジニアの指向によって、様々な仕事を求めていくと思いますが、プロジェクトマネージャーやWebディレクターの経験を積むなら東京圏で働くのが確率的には高いです。

このコラムは地方のエンジニアの方や、東京で下請けをしているエンジニアの方で、プロジェクトマネージャーやWebディレクターを目指されている方に対してのメッセージです。

プロジェクトマネージャーやWebディレクターを目指している方は下請けやオフショアの仕事が中心の会社ではなかなか経験を積めないと思います。もし、プロジェクトマネージャーやWebディレクターを志すのであれば、そういう会社に所属し、自分を磨いていくのが一番成功しやすいです。

このコラムを掲載しているプライム・ストラテジーは自社開発の世界最高速クラスのCMS実行環境KUSANAGIを活用したサービスを提供している会社にになります。自社開発のソリューションを展開している会社なのでお客様のフロントにたって仕事をすることが多いです。まさに、プロジェクトマネージャーやWebディレクターの経験を詰める機会が多い会社なのです。若くて日本を代表する会社のプロジェクトを担当しているプロジェクトマネージャーやWebディレクターも多いです。そして、勉強する社員には必ずチャンスが与えられる会社でもあります。

もし、このコラムを読んで、プロジェクトマネージャーやWebディレクターを志したい、プライム・ストラテジーに転職したいという方がいれば、是非、以下の募集要項をご覧いただき、門をたたいてみてください。

成功する会社、成長する会社に所属して切磋琢磨することがどれだけ意味のあることかを確認できると思います。

ちなみに、地方の方で応募さる方は、面接時に「引っ越し代補助してください!」と言ってみるとよいですよ。まだ制度化されてませんが意外に出るような気がします。(お約束できませんけどww)

プライム・ストラテジー:採用職種のページ
https://recruit.prime-strategy.co.jp/profession/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、2016年2月に取締役に着任。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任