Google Test my siteに見る3G回線基準でUXを考えよう


KUSANAGIパートナーの鈴与シンワートで吉政忠志氏のコラム「S-Port活用コラム」の最新号が公開されました。

「Google Test my siteに見る3G回線基準でUXを考えよう」

###
少し前に、GoogleがTest my siteというWebサイトのパフォーマンス測定ツールを出しています。当たり前ですが、表示速度が遅いと、閲覧者はイライラして離脱してしまいます。それ故に、高速化が必要ということなのですが、Googleは今回のTest my siteにメッセージを込めているように思えます。

それが3G回線です。

Test my siteを実施すると、3G回線での速度計測がされ、その結果が表示されます。

今時、3Gは使わないよねー。という方も多いと思いますが、Googleは数年以内にモバイルネットワークの70%が3G回線程度のパフォーマンスしか出ないと予測し、Test my siteを3G回線基準で測定しています。と、表示することが予想されます。

本当にそうなるかわかりませんが、モバイル端末が増えて、データ量が増えていく中で、回線がボトルネックになることが容易に想像できます。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/yo_column39/


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任