「来期、Webをリニューアルされる方へ、メジャーなもので固めましょう」

「来期、Webをリニューアルされる方へ、メジャーなもので固めましょう」
Bookmark this on Hatena Bookmark

いよいよ来期予算を固める時期になってきたと思います。Webサイトのリニューアルを考えている方もいると思います。 まずはWebサイトのシェアを見てみましょう。
WordPressが増加 – 2019年1月Webサイト向けCMSシェア(マイナビ)

https://news.mynavi.jp/article/20190106-750555/
ざっくり説明しますと、PHPなどのスクラッチ開発とWordPressを合わせて80%になりました。残りのCMSで20%という感じです。久しぶりにシェアデータを見た人は、「あれ?XXXやXXXは?」という方もいるかもしれません。 それもそのはずで、この数年でCMSシェアは大きく変わったのです。かつてシェアを持っていた非OSSライセンスのCMSはほぼシェアを失い、代わりにWordPressがシェアを伸ばしたのです。ちなみにOSS CMSを排除した調査データを商用ライセンスCMS市場データとして公開し、そのようなデータの中でトップシェアと発言しているCMSが2つあります。CMSのシェアの大半はOSSになり、非OSSは全体のCMSの1%にも満たなく、その非OSSのCMSライセンスを商用ライセンスと呼び、あたかも商用向けのCMSで1位になったように見せていますので、くれぐれもご注意ください。追い込まれた会社は何でもします。 おっと脱線しました。シェアを大きく落としたCMSの場合などは以下が起こります。
  1. 製品本体のバージョンアップが遅れがちになる。
  2. プラグインやオプションのバージョンアップが遅れがちになる。
一般的にもシェアが落ちれば収入が減るので、開発費も削減され、バージョンアップが遅くなります。これは、全てのソフトウェアがそういう傾向になります。 一方で、WordPressの実行環境で超高速&セキュアで売り出しているKUSANAGIですが、お陰様で開始3年で2万台の実績を頂きました。市場シェアは公開されていませんが、Webサイト新規導入のシェアで区切れば、この2年間は日本でトップだったのではないでしょうか。(違っていたらすみません。誰か調査していただけないかなぁ、、) 全Webだと調査してみないとわかりませんが、少なくともWordPressだとほぼ確定のトップシェアなのではないかと思います。 KUSANAGIがこの2年間で大量にインストールされた理由はあげればたくさんありますが、以下ではないかと思います。
  1. 主要なクラウド全てで簡単にインストールできる
  2. 入れるだけで超高速化ができる。管理画面はもちろん、キャッシュやクラウドスペック向上で対応できなかったものも超高速化できる
  3. 入れるだけでセキュリティが向上する
  4. ライセンスが無料
  5. 汎用的でシェアを取っているOSSの組み合わせとチューニングでできているので安心
特にWordPressを使うときはこれ以外に選択肢がないほどの差別化ができています。WordPressを採用する際にKUSANAGIを否定する業者はKUSANAGIを知らないか、Webエンジニアとしての一般的な技術力がないかくらいだと思っています。(ちなみに、Webエンジニアでない私でもできますからwww、難しくありません) それでも不安な方は、是非、プライム・ストラテジーに構築や保守を依頼してください。 他社が作ったサイトも含めて対応しますし、結構安いです。 詳細は以下をご覧ください。 https://www.prime-strategy.co.jp/service/operation_maintenance/ さらに予算がない方でAWSを使用している方は、さらに安価にサポートが受けられる、KUSANAGI for AWS Business Editionを今月発表しました。興味がある方は以下もご覧ください。 https://www.prime-strategy.co.jp/information/kusanagi-for-aws-business-edition/
Bookmark this on Hatena Bookmark

Businessカテゴリの最新記事