「Webマーケティング・コンテンツマーケティングの失敗例」


当社顧問である吉政忠志氏によるコラムがWeb担当者フォーラムで掲載されています。興味がある方はご覧ください。

###

こんにちは。吉政創成の吉政でございます。今日は「Webマーケティング・コンテンツマーケティングの失敗例」という内容で書きます。今回は読んでみると当たり前だけど、良くありがちな失敗例を挙げてみます。参考になることがありましたら、嬉しいです。

失敗例1:「会社が決めたターゲットキーワードが統一的にコンテンツに書かれていない」

例えば、Aというキーワードを検索順位のターゲットキーワードとします。そのAが以下に記載がないという失敗例です。

タイトル
冒頭
本文
META Description
META キーワード

これはシンプルに考えて、Aというキーワードをターゲットにしたいと思った場合は、タイトルや冒頭、本文にAのことが書かれているのが普通ですよね。そうでないと、Aに関して書かれたコンテンツではないためです。

失敗例としては、一度作ったコンテンツに対して、新たに追加されたキーワードも狙いたくて、1-3に書かれていないキーワードを4や5のMETAに入れてしまうケースです。これは言葉が悪いですが、Googleを欺いているようなものなので、非常によくないと思います。しかし、経験上、多くの会社で見られる失敗例だと思います。Googleはシンプルにあるキーワードについて、最新の正しい情報で丁寧に書かれているページを検索上位にアップしたいのです。正しい情報で丁寧に書かれているページを作ろうと思えば、自ずと上記の1-5は同じキーワードで書かれているはずです。

失敗例2:「奇麗な画面にしたいがあまり、高解像度の大きな画像をふんだんに使用してしまった」

(この続きは以下をご覧ください)
https://webtan.impress.co.jp/u/2018/11/16/31072


Post Author: 吉政忠志

当社社長の中村けん牛のプレゼンを聞いてひとめぼれし、2014年1月から当社のマーケティングに携わり、その後、取締役に着任。現在は顧問となる。一般社団法人PHP技術者認定機構 代表理事、一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会 代表理事、BOSS-CON JAPAN 理事長を兼任