吉田行男氏による社員インタビュー「田島優也」編~KUSANAGIの中の人として活躍中~


今回は、コンサルティング部の田島優也さんを紹介したいと思います。 田島さんは北海道出身で、大学の専攻は数学でプログラミングなども勉強していたそうです。趣味は、絵を描くことで大学時代はマンガサークルに所属し、ドローイングソフトを使用して絵を描いていたそうです。最初に就職したのは、マンガを携帯電話向けに加工するソフト会社でした。その頃の携帯電話は、スマートフォンではなく、いわゆるガラケーと呼ばれるもので、携帯毎に加工する必要がありました。このような仕事を3~4年、続けていましたが、突然仕事が発注されなくなり、会社が倒産してしまいました。その後、正社員や派遣社員として、デザイナーよりの仕事を、IT会社でしていましたが、いずれも倒産してしまいました。 そこで、HTMLやCSSを本格的に学ぶ必要を感じ、Web関連の学校に入学しました。その学校では、プライム・ストラテジー(株)のメンバーが執筆していたWordPressに関して記述されている書籍を教科書に使用していました。そこで、プライム・ストラテジー(株)がWebデザイナーを募集していることを知り、応募し採用されました。あまり自信がなく、ダメだと思っていたので、採用された時は大変嬉しかったそうです。 会社には、Webデザイナーとして採用されましたが、徐々にPHPを学びながらエンジニアに転身していきました。その後、書籍の執筆やセミナー登壇なので、スキルが身についたことと受託開発中心であったことで、少し外の世界を見てみたくなり、退社しました。転職した会社では、B2C向けのサイトを自社開発で構築していました。そのシステムでは、広告配信サービスを提供しており、レコメンド機能などをPythonで開発していました。そのシステムの運用を1年ぐらい経験した頃にプライム・ストラテジー(株)から、声が掛かり戻ってくることになりました。現在は、KUSANAGIの開発に携わっています。
(この続きは以下をご覧ください)
https://recruit.prime-strategy.co.jp/archives/2046/


Post Author: 吉田 行男

吉田 行男