AI全文分析により神の領域に達したGoogleにはコンテンツ磨くのが一番。(表示速度とかは外注した方が結局お得)

AI全文分析により神の領域に達したGoogleにはコンテンツ磨くのが一番。(表示速度とかは外注した方が結局お得)
Bookmark this on Hatena Bookmark

GoogleがAI全文分析を採用したことで、コンテンツの意味を理解して、検索順位を決めるようになりました。

かなり大昔の時代に、非リンク数やヒットしたキーワードの数で検索順位を決めていたことがありました。技術が進化して、そのような間接的な情報では無く、文書つの意味や表示スピードや画像なども含めて、人間の目で見た総合的な判断で検索順位を決めるようになりました。

大昔は非リンク数もキーワード数も文章量も多ければ多いほどヒットしやすく、結果的に検索順位が上がりやすい時代がありました。今の時代は、キーワードやコンテンツトピックの内容に最適な量で作る必要があります。

Googleはモバイルファーストを宣言してるので、スマホで見て見やすいかわかりやすいかが重要です。その観点で言えば、小さな画面でも見やすいかどうか、モバイル回線でもサクサク動くか、得られるものがあるかどうかが大事です。スマホで閲覧した観点での最適さが必要です。

表示速度の高速化はバックエンドとフロントエンドの高速化をすれば良いです。片手落ちでは最近のGoogle速度測定ツールでは高得点が出なくなりました。両方やる必要があります。バックエンドはクラウドの高速化などもありますが、多くの場合はKUSANAGIのような予め高速チューニングされた実行環境を使うのが一般的選択肢です。フロントエンドは様々なツールやサービスが出てますが、色々たみしてきた結果、プライムストラテジーのWEXAL® Page Speed Technology(以下:WEXAL)を使うのが、手間がかからず、確実に高速化できるような気がします。 

WEXALがどれくらい簡単に高速化できるかというと、今までのチューニング作業がばからしくなるくらいに簡単で正確です。体験セミナーを頻度良くほぼ毎月開催していますので、興味がある方は以下より参加ください。

https://enterprise-wordpress.doorkeeper.jp/

Googleの検索順位を決めるエンジンがAIを使うようになったので、フロントとバックエンドは手間をかけずに、思いっきり良質なコンテンツを作成することに力を割くことがより重要になりました。表示速度には面白さや学びも求められません。ただ、速ければいいのです。KUSANAGIとWEXALでいきなり業界トップクラスの高速サイトにすればよいのです。一方コンテンツは中身の品質はもとより、学びがないと閲覧者の満足度が下がります。ましてや、GoogleのAI全文分析が始まったので、キーワードだけのSEOや、良い文章ではないコンテンツは確実に検索順位が上がりません。

そして、多くの方のWEBの目的はPV数を増やし認知を上げることではないはずです。お問い合わせが入るなどのコンバージョンが伸びて初めて成果が出るということだと思います。そうであれば、全ての力を良質なコンテンツ作成に費やすべきだと思うのです。

皆さんのWEBは如何でしょうか?
皆さんのWEBは高速ですか?
皆さんが委託してるWEB業社の腕は良いですか?

皆さんのWEBの高速化やインフラ部分の運用は専門家に任せて、 全ての力を良質なコンテンツ作成に費やすべきだと思うのです。

WEBインフラやインフラの保守に不満がある方は、プライム・ストラテジーにお問い合わせください。国内トップクラスの実績とノウハウが皆さんの課題を解決します。

皆さんが皆さんのWEBコンテンツ制作に全力できる状況がKUSANAGIとWEXALで作れ、今以上の満足度が高いコンテンツを作れるご支援ができたらうれしいです。

※WEXALについては以下をご覧ください。
https://www.wexal.jp/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Web高速化カテゴリの最新記事