人工知能中心時代に備え、成果が出やすい人工知能を作れるエンジニアを目指そう

人工知能中心時代に備え、成果が出やすい人工知能を作れるエンジニアを目指そう
Bookmark this on Hatena Bookmark

人気コラムニストの吉政忠志氏のコラムが公開されました。興味がある方はご覧ください。

人工知能のエンジニアに求められる素養としては様々なものがあると思う。人によっても違うとは思うが、人工知能の主流な言語であるPythonはやはり押さえておいた方が良いと思うし、機械学習や分析系の話も押さえておいた方が良いと思う。

そして特に重要視されているのが業務の現場の知識と土地勘である。人工知能の話ではなくて、人間の話だとしても人には分野ごとの適性があり、得手不得手がある。人工知能の場合は得手不得手というより、設定しているかどうか、組み込んでいるかどうかという話ではあると思うが、人工知能のエンジニアが、その分野を理解していなければ、開発した人工知能がその分野で成果が出るものにはならないはずだ。

(この続きは以下をご覧ください)
https://recruit.prime-strategy.co.jp/archives/5437/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Careerカテゴリの最新記事