DX、アフターコロナなどWeb担当者はますます忙しくなるので、部分的に外注しないと回らなくなるはず

DX、アフターコロナなどWeb担当者はますます忙しくなるので、部分的に外注しないと回らなくなるはず
Bookmark this on Hatena Bookmark

Webの役割は年々と重要になってきていて、Web経由でのお問い合わせや受注の比率が高まってきている。お客様候補が最初にタッチする場所が企業のウェブサイトであると言っても過言ではないと言える。

DXにおいてはお客様候補や既存のお客様が情報を入力させて、その情報を育てたり、活かしたりして事業に活かすのも基盤がWebであり、コロナ禍で非対面営業の効率化を感じた企業にとってはアフターコロナの時代では自社のWebサイトが営業マン的な役割を担っている。

そして、Webにアップしたコンテンツが更新されないと、Googleから古いコンテンツとして認知され、検索順位が下がっていくので、Web担当者は常に良い仕組みのWebサイトを維持しつつ、新しいコンテンツを出し続けなければならなくなっていると思っている。

そして、アフターコロナに向けてWebリニューアルや新設の話も多く、Web担当者はますます忙しくなってきているはずだ。(皆さんはいかがでしょうか?)

このような状況で、1から10まですべてをご自身で作業をされていれば、Web担当者の方がパンクしてもおかしくないと思っている。

当たり前だが、Web担当の方が疲れきっていては良いコンテンツができるわけもない。ではWeb担当者を増員すればよいという考え方もあるが、Web担当者の平均給与は年収で600万円前後であるので、社会保険料などなどのコストをいれると1名増員で1200万円ほどコストがかかるはずだ。

ぶっちゃけになるが、1200万円のコストを新しいWeb担当者にかけるのであれば、1200万円を外注した方が高品質なものが多く出て来るはずだ。

「うちは年間1000万円以上外注してますよー!」という方もいるかもしれないが、実は多くが広告費だったりするので、作業費として1200万円を外注しているところは本当に少ないと思う。

こんな論理で書き進めてきたが、ものすごく優秀なWeb担当者なら1200万円のコストをかけてもお買い得かもしれないし、あまりよくない外注先に依頼しても、1200万円の元は取れないはずだ。

大事なのは、実際に比べてみることだと思う。

例えば、プライム・ストラテジーは他社が構築したWebサイト(WordPress以外もOKです)の保守も可能だ。そして構築や移設から運用までワンストップで受けてくれるので、お見積りも取りやすい。

手が回らない!!と思っているWeb担当者は是非、以下のサービスページをご覧いただき、一度外注した場合どうなるのかを比べてみてはいかがだろうか。

比べることで見えてくることもあるはずだ。

それでは今日はこの辺で。

サービス概要のページへ
https://www.prime-strategy.co.jp/services/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Businessカテゴリの最新記事