Googleの「速度バッジ」とKUSANAGI・フロント側最適化

Googleの「速度バッジ」とKUSANAGI・フロント側最適化
Bookmark this on Hatena Bookmark

プライム・ストラテジー穂苅智哉の表記コラムがデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

すっかり冬になりました。街中ではクリスマスソングが聞こえてきてなんだかウキウキする季節です。

前回は、KUSANAGIの最新情報を取り上げました。現在のKUSANAGIは無償版、有償版で3つのEditionがあり、それぞれ機能が異なっています。

前回のコラムで掲載しましたEditionごとの早見表です。

前回のコラム、気になる方はこちらからご覧ください!

▶ 第23回 KUSANAGIのエディション詳解

今回はGoogleのWebサイト表示高速化についてです。
2.Googleの「速度バッジ」発表

11月11日に、『Moving towards a faster web』と題した記事がGoogleから公開されました。これによると、ユーザーが最も価値のあるものを判断できるためのヒントとして、速度バッジを検証しているとのことです。これが実装されるとサイトを操作する前に「このサイト遅いんだ」というユーザー判断がされてしまうということになります。

また、読み込みの遅いサイトには以下の画像の左側ような形で「ロードが遅い」という表示を出すようなことも検討されており、逆に高速なサイトには緑色のプログレスバーを表示させることを検討しているようです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/12/kusanagi-wexal/

Bookmark this on Hatena Bookmark

Web高速化カテゴリの最新記事