WordPressの管理画面も速くするにはKUSANAGIが効く

WordPressの管理画面も速くするにはKUSANAGIが効く
Bookmark this on Hatena Bookmark

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今回ご紹介する事例は月に10~20件程度の記事を公開しているサイトです。このサイトでは数名の社員によるIT系コラムや、取り扱っているITソリューションの紹介、導入事例、イベント・セミナー情報などを紹介しています。

サイトが大きくなってきたころ、サイトの表示とWordPressの管理画面の動作が重くなったと感じるようになったようです。そこでKUSANAGIを導入しましたが、入れたことでどのように変化したのでしょうか?

■KUSANAGI導入後、サイト表示は1秒以内に

サイトのコンテンツと使用する画像数が増加したことや、ニュースサイトでのコラム掲載、取り扱っている商材の開発元からの表彰などの様々な要因からサイトへのアクセス数が増加し、サイトのパフォーマンスの低下が気になるようになったころ、管理画面もまた遅く感じるようになったようです。

ちょうどその頃、会社としてWebサイトのセキュリティを強化する必要があったということもありKUSANAGIの導入が決定しました。導入後は1秒以内にサイトが表示されるようになり、その副次的効果なのか、アクセス数も20%増加したと言います。

現在、同サイトで公開されている記事は800本以上となっており、そのほとんどに多くの画像が利用されていますが、表示速度は速いままで、また管理画面の重さを感じることもないようです。

■管理画面が重いと効率が悪いしコストがかかる

サイトの表示速度の遅さによって起こる影響(CV・PVの低下など)はこれまで何度か話題として取り上げてきましたが、管理画面の遅さについてまとめた記憶がないので、今回は管理画面について考えてみることにしました。

管理画面が遅くても閲覧する側には全く関係のない話で、「はぁそうですか。」くらいなものですが、管理をする側にとってはとっても困る問題です。

WordPressの管理画面のパフォーマンスが悪いという話はよく聞くことで、「WordPress 管理画面 重い」で検索すれば対処法を書いているブログはいっぱい出てきます。WordPressを使ったことがある人ならば一度は経験する問題なのかもしれません。

まだ私がKUSANAGIと出会う前、Webの管理を一人でやっていたころ、大したボリュームのあるサイトではないくせに管理画面が遅かったことがあります。

当時のサイトは確か静的化させるためのツールを使っていたため、変更を加えるたびに再構築を行わなくてはならず、これがまた遅い。画像をUPするのも遅い。ニュースのUPも遅い。と遅いだらけでした。

これ、正直イラっとするんですよね。言ってしまえば管理する側の効率が落ちる「だけ」ではあるため、月に数回更新をかける程度のサイトに対して、忙しそうな情シスに改善してくれと求めるのはなかなかに気が引けるもので、あきらめて他の作業をしたりしていました。が、終わったかな~終わってないな~というチェックを時々するのは面倒で仕方ありません。

1人でこの状態なので、複数人で管理・更新をするニュースサイトでは毎回同じ思いをする人が人数分増えることになります。しかもニュースサイトの場合は画像数も記事数も多いため、よりサイトが重くなりやすく、また更新頻度も高いので、管理者のもやもや具合は半端ない状態だと思います。コスト換算したら結構な金額になるのではないでしょうか。

とはいえ、先ほども書いた通り、ある意味「それだけ」と言える問題の改善を情シスや経営者に要求するにはなかなかハードルが高いのです。数字で見せることができれば経営者も納得して予算をくれると思いますが、直接お金につながることでないサイトの場合はそれをしてもハードルの高さはあまり変わらないでしょう。

では検索して出てきた対処法をやってみようと思っても、そもそも原因が同じなのか?自分でも対応できる内容なのか?それをやって問題がおきたときに対処できるのか?と言うことを考えるとできないなあと思うこともあります。プラグインを使えと書かれていたとしてもそれが信頼できるものなのか判断しなくてはなりませんし、逆に重くなる原因になる可能性すらもあります。

そこでKUSANAGIの出番です。

冒頭でご紹介したサイトでは、サイトの表示速度が遅かったこと、企業としてWebサイトのセキュリティを向上させなくてはならないことが課題としてありました。

KUSANAGIはご存じの通りWebサイトの高速化を実現します。それとともに実は、管理画面の速度も向上させることが可能です。

また、Webサイトのセキュリティを向上させる仕組み(WordPress上の実行権限や書き込み権限の制御、管理画面へのセキュリティ情報の表示、WAF、TLS1.1以下の無効化、脆弱性スキャンツールなど)が搭載されています。(ニュースリリース

つまりKUSANAGIを導入するだけでWebサイトは速くなり、管理画面も速くなり、セキュリティも強化されるという一石三鳥の状態になります。

KUSANAGIをより知りたい方はこちらをご覧ください。

さて、最後に冒頭で取り上げたサイトの事例はこちらです。

■事例:「KUSANAGI」導入で表示速度UP、Webサイトアクセス数が約20%増加

ディーアイエスソリューション株式会社/SI事例

<課題>

・アクセス集中時にパフォーマンスが劣化することがあった

・セキュリティの強化を行う必要があった

<効果>

・アクセス集中時でも、Webページはもちろん、管理画面も含めてパフォーマンスが劣化することがなくなった

・セキュリティ面の強化が安価にできた

・KUSANAGIパートナーの株式会社パドラック提供の「マネージドクラウドサービス」利用で「KUSANAGI」を導入することができた

<お客様コメント>

速度に関しては、あくまで体感スピードになりますが、アクセスが集中しているときは1ページ表示するのに数秒かかっていたこともありました。「KUSANAGI」導入後の現在は1秒以内に表示されるようになりました。また、一概に「KUSANAGI」だけに起因している訳ではないと思いますが、導入前後ではWebサイトアクセス数が約20%伸びています。

今回もお付き合いいただきありがとうございました。

Bookmark this on Hatena Bookmark

Case studyカテゴリの最新記事