WordPressユーザーの約6割がバージョンアップをしていない理由

WordPressユーザーの約6割がバージョンアップをしていない理由

事例取材担当 菱沼です。

さて今回は株式会社アクティビティジャパン様が運営される体験・レジャーの予約サイトの事例をご紹介します。

こちらのサイトではWordPressをカスタマイズして利用しており、速度改善のための改修や、バージョンアップするための調査・検証に工数が割けないという状況でした。

ご存じの通り、速度はGoogleの評価にとって重要な要素の一つです。またこれまでの記事で何度か紹介した通り、脆弱性への対策を行わずに放置することはセキュリティ上のリスクが残ったままになります。

同社はその状況を改善するためにKUSANAGIの導入を決定しましたが、導入したことでどう変わったのでしょうか。WordPressのバージョンに関する統計も併せてご紹介します。

■WordPressとPHPのバージョンアップとサポート問題

さて、前回の記事ではWordPressを取り巻く脆弱性に関するデータをご紹介しました。

脆弱性が発見された場合、開発者によって対応バージョンが提供されるため、ユーザーはなるべく早く適用することが推奨されています。

では、ユーザーはきちんとWordPressのバージョンアップをしているのでしょうか?

ユーザーが実際にどのバージョンを利用しているのかというデータをWordPress.orgが公開していましたので、WordPressと、ついでにPHPの統計をご紹介します。

出展:統計情報|WordPress.org

現在のWordPress最新バージョンは5.3.2です。このデータを見ると、約40%のサイトが最新版を利用していますが、それでもまだ約60%が古いバージョンを利用していることがわかります。

PHPに関して言えば、現在の最新バージョンは7.4.3ですが、約80%が7.3以前を利用しており、さらには、サポートが終了している7.1以前を利用しているサイトは約60%も存在します。

ちなみに、WordPressは、PHP5.2~5.5までのバージョンのサポートを終了すると宣言しています(参考:WordPress、PHP 5.2から5.5までのサポートを終了|マイナビ|2019/03/22)。この宣言は昨年3月にされたものですが、もうすぐ1年が経とうとしている今、まだ約11%のサイトで対象となるPHP5.2~5.5のバージョンを利用していることになります。

脆弱性の情報を確認すると、WordPress5.2.3とそれ以前のバージョンに脆弱性があったことが発表されており、PHPでも脆弱性の報告が直近で上がっています。(修正版提供済み)

参考:WordPressに脆弱性、アップデートを|マイナビ|2019/10/16

参考:PHPに脆弱性、アップデートを|マイナビ|2020/02/22

脆弱性の情報が出ている、もしくはサポートが終了したというニュースがあるにもかかわらず、なぜバージョンアップをしない企業があるのかと言えば、バージョンアップを行うことでサイトの機能が動作しなくなってしまうことへの懸念を抱えていると考えられます。どの企業でもバージョンアップ対応を行う際には検証を行っているかと思いますが、そのための工数を割くことが難しいということが多いようです。また、それなりにカスタマイズをしているケースになると、より検証が面倒、もしくは、改修を要する可能性があるということで放置しているのではないかと考えられます。

実際、過去の別のお客様の事例でWordPressのバージョンアップを制作した会社に依頼したところ、対応をお断りされたというお話を聞いたことがあります。

■WordPressのノウハウを活かしたバージョンアップサポート

では今回ご紹介するケースではどうだったのか。

同社においてもWordPressをカスタマイズしていたことによって、バージョンアップのための検証の工数確保が難しいという状況にありました。また、表示速度の改善面では、できる限りの対応をしてはいても、不満を抱える状況にあったといいます。

ではKUSANAGIの導入時にそういった面での問題がなかったかというと、同社はWordPressを少々特殊な使い方をしていたことによる改修が多少行われたものの、スムーズに移行を完了し、バージョンアップも問題なく済ませることができたようです。速度も改善され、今後は細かな課題に対応していくとのことでした。

なぜこうした対応が可能だったかと言えば、プライム・ストラテジーが長年培ってきたWordPressの経験とノウハウが豊富にあったことに理由があります。これまでの経験があったからこそ、今回のお客様のような特殊な利用をしているケースでも対応が可能だったのです。

もし現在のWordPress環境に不安を抱えているようでしたらぜひプライム・ストラテジーへご相談ください。また、KUSANAGIはこれまでのノウハウを最大限に活かして作られているからこそ、高速化にも非常に効果があります。ぜひこちらの導入も併せてご検討ください。

■事例のご紹介

急成長中の「アクティビティジャパン」、サイト表示が高速化したその裏に「KUSANAGI」

株式会社 アクティビティジャパン

<課題>
サイトを利用するユーザーが快適に閲覧できるよう、記事ページの表示速度を改善したいカスタマイズしたWordPressのバージョンアップを行い、セキュリティ面を向上させたい

<効果>
Webサイトと管理画面の双方の速度が改善し、快適に利用できるようになった

工数をかけずWordPressのバージョンアップができ、セキュリティが向上した

<お客様コメント>
ソースをお渡ししてからの対応が非常に早くて、質問も丁寧に答えてくれた。何をしたらいいのかなどもわかりやすく、準備もスムーズに進められたと思います。弊社は少し特殊な使い方をしていたので、問題なく進められるか少し懸念していたのですが、対応いただいた後全く問題なく動かせていたので、安心しました。ちょっと通常とは違ったサーバ構成のせいで少し課題もあったのですが、こうすればいいですよとすぐ答えてもらえて、これも助かったところですね。

(詳細は以下URLよりご参照ください。)
https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/jirei_activityjapan/


Case studyカテゴリの最新記事