WebパフォーマンスがUPしたらコストが2/3に!(世界最高速クラスCMS実行環境「KUSANAGI」導入事例コラム)

WebパフォーマンスがUPしたらコストが2/3に!(世界最高速クラスCMS実行環境「KUSANAGI」導入事例コラム)

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今回ご紹介する事例は、KUSANAGIの導入後、Webサイトのパフォーマンスが3倍改善し、かつ、サーバコストが2/3削減されたという事例です。

該当のサイトはキュレーションメディアで、閲覧数の急激な増加によるサーバダウンが月に4,5回ほど起きていたそうです。

今回はWebサイトのパフォーマンスの改善とサーバのコスト削減についてまとめてみたいと思います。

■Webサイトの高速化でコスト削減はなぜ?

Webサイトを高速化させるポイントは「バックエンド」「ネットワーク」「レンダリング」の3つだとプライム・ストラテジーでは考えています。

ざっくりいうと、キャッシュを活用したり、技術を最適な形で利用したり、画像やHTML・CSSなどを最適化したり、レンダリングの仕方を3段階にしたりといったことになります。

(これについての解説はこちらのイベントレポートをご参照ください。)

KUSANAGIはWebサイトの高速化に必要なこれらの要素がすべて取り入れられているため、Webサイトのパフォーマンスを改善させることが可能です。

そして、それとは別に、ネットワーク転送量の減少やサーバ負荷の軽減によるコストの削減が実現することがあります。従前よりサーバ台数を減らすことができたというお声を聞くことはよくありますし、今回ご紹介する事例では実際にコストが2/3に削減されたといいます。

■パフォーマンス改善→障害対応が減る→コストも減るぞ。

ところで、パフォーマンスが改善したことで起きた良いことはもう一つありました。

この事例のサイトはキュレーションメディアであるため、アクセスが集中してしまうことが良くあり、月に4,5回ほどサーバダウンが発生していたといいます。

しかし、これもKUSANAGIの導入によってパフォーマンスが改善したことでサーバダウンの発生がなくなったといいます。それまでは担当者の方が昼夜問わず、サーバが落ちたら障害対応をされていました。

通常、サーバが落ちるなどの障害が発生した場合、オンプレミス環境であれば情シスが頑張ることになるはずですが、クラウドサーバやホスティングサーバを利用していた場合、事業者から担当者にエスカレーションされ、自社の担当者が障害対応をするか、契約内容によってはデータセンター側のスタッフが手順書に基づいた切り分けや一次対応をするといった対応がなされるかと思います。

障害はいつ起こるかわからないので、対応を社内で行うにしても、社外に委託するにしても、対応にはそれなりのコストがかかります。それが頻繁であれば担当者の負担も大きくなりますし、その分コストはよりかさみます。そして頻繁に落ちるサイトは流入数が減少しますし、検索エンジンの順位も下がります。

そうしたことにならないよう、落ちないWebサイトにするには、適切なサーバ構成にし、そしてサーバにかかる負担を軽減(パフォーマンスを改善)させる必要があります。

サーバが落ちないほどのハイスペックな環境にできればいいですが、コストを考えればそんなことはなかなかできません。また、既存の環境に手を入れようと思っても、予算や契約内容の都合、作業者のリソース確保など、すぐに対応することは難しいこともあると思います。そうしたときに、まずはKUSANAGIを入れることで様子を見るという手があります。

KUSANAGIは世界最速クラスの仮想マシンイメージとして、多くの大規模サイトのパフォーマンスを改善させてきました。最適化に必要な仕組みがハード、OS、データベースに対して施されているため、面倒な手間やコストを掛けずにパフォーマンスを改善します。

障害がよく発生する、Webサイトのパフォーマンスが悪いという場合はぜひKUSANAGIをご検討ください。

■事例のご紹介

今回ご紹介した事例はこちらです。

パフォーマンスが3倍改善したのにサーバコストは2/3に削減!その成功の秘訣

リプルゼ株式会社 / FUNDO(ファンドゥ)

[課題]

サーバ費用が見合っていない

突発的な高負荷時の対応をよりスピーディーにしたい

Facebook関連の開発ができない

[効果]

サーバコストが2/3に削減できた

高負荷時の輻輳がほぼなくなり、パフォーマンスが3倍にアップした

インスタント記事に対応できた

[お客様コメント]

すごい満足しています。他の会社にももちろんおすすめしますが、なんでこんなに速いのかとか説明できないので、まずはちゃんと技術を聞いて理解してもらったほうがいいと思います。自分と同じような立場で、Webを担当している人は結構いると思うので、その人たちには手放しでおすすめしたいです。自分と同じような悩みを持っているのであれば同じように解決できるんじゃないと思います。https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/jirei_fundo/


Case studyカテゴリの最新記事