表示速度の低下で起きる離脱率UPと評価DOWNを避ける方法

表示速度の低下で起きる離脱率UPと評価DOWNを避ける方法
Bookmark this on Hatena Bookmark

事例取材担当 菱沼です。

今回は株式会社オンエア様が運営する「TABIZINE(タビジン)」の事例をご紹介します。

■TABIZINEが抱えていた問題

TABIZINEはその名から想像できる通り、旅をテーマにしたwebマガジンです。世界各地の現地レポートを軸にグルメやイベントなどの数多くの小ネタが集められています。2013年に公開されて以降、閲覧数を順調に伸ばし、月間530万PVを超えるサイトに成長しました。ところが、webサイトの速度の低下を感じるようになったころ、離脱率の高さが気になるようになりました。

■webサイトの表示速度が遅いと離脱率がUPする

過去の記事でもお伝えしてきた通り、webサイトの表示速度が遅いと離脱率はUPします。自身がwebサイトを見ているときのことを思い起こすと、遅いサイトに遭遇した時、よほどタイトルが気になるものでない限りさっさと離脱します。一応開くまで待ったとしても、別のページに遷移することはめったにしません。こうした行動は私だけではないと思います。

実際、Pingdomが公開している調査データによれば、サイトの表示に時間がかかればかかるほど離脱率が上がることが示されています。(データは後述の過去記事リンクからご覧いただけます。)

また、速度の遅さが問題になるのは離脱率だけではありません。

みなさまご承知の通り、PCサイト・モバイルサイト問わず、サイトの表示速度が遅い場合、Googleのサイト評価に影響が出るようになりました。日本国内でよく利用される検索エンジンはGoogleとYahoo!ですが、Yahoo!のエンジンにはGoogleのエンジンが採用されていますので、Googleの評価が下がるということは、Yahoo!でも評価が下がるということになります。その結果、検索順位が下がるため、検索による流入数は減少します。

Googleが速度を重視する傾向は年々強まっていますが、それはモバイルによるアクセス数がPCによるアクセス数を超したことが要因と考えられます。Googleのアップデートの傾向は、2015年以降からずっと、モバイルを意識したものになっていますので、テクノロジーに大きな変化がない限り、今後も速度を重視する傾向は続くのではないでしょうか。

(過去記事リンク)

■KUSANAGIでWordPressサイトの速度を改善する

さて、こうした速度に関する懸念はどの企業も持っていて、TABIZINEでも不安を抱えていらっしゃいました。同社の場合、旅行という性質上、高画質な写真を掲載する必要もあります。また、広告主もいることから、サイトの流入数や離脱率を低下させるわけにはいかず、早々に速度対策を行うことにしました。

同社ではWordPressを利用していました。WordPressは、利用していくうちに重くなったと感じるユーザーが多くいます。プラグインやインフラ側で解決させることも可能ですが、プラグインの多用によって逆に重くなってしまったり、インフラ側での対策では知識やノウハウが必要ため、すべての対策を行うことが困難なことがあります。同社の場合は、エンジニアからの勧めもあり、KUSANAGIを採用することで解決をしました。導入後は、体感速度でも早くなったと感じるとともに、計測結果でも改善がみられたことで満足しているとのことでした。

また、セキュリティ面でも実は不安を抱えていたということで、プライム・ストラテジーからプラグインに関するアドバイスを行われたことも喜んでいただけたようです。

プライム・ストラテジーでは、KUSANAGIによるWordPressの速度改善だけでなく、これまで培ってきたWordPressに関する知識やノウハウをもとに、バージョンアップやセキュリティ面での対応もしています。WordPressに関して不安を抱えている企業様はぜひご相談ください。

WordPressが遅くなる原因と高速化させる方法について、より詳しく知りたい方は以下の記事もご参照ください。

WordPressが重い/表示速度を高速化する方法

TABIZINEのより詳細な事例を知りたい方は以下よりお読みいただけます。

■事例:メディア運営のプロが運営する「TABIZINE(タビジン)」、速度改善にKUSANAGIが有効と高評価

https://www.prime-strategy.co.jp/achievements/jirei_tabizine/

【課題】

  • 年々、サイトの表示速度の速さを求められるようになっていくことに不安感を抱えていた。
  • 運営を続ける中で、速度が低下してきているように感じていた。

【効果】

  • KUSANAGIの導入によって速度低下への対策を打つことができ、不安を払拭できた。
  • チューニングを行った結果、サイトの表示速度が体感でわかるほど速くなった。

【お客様コメント】

エンジニアに聞いた時、そんな素晴らしいものが無料で配られているということにまず驚きました。WordPressは無償提供されていても、良質なテーマやプラグインは有償なのが当然だろうと。キャッシュの機能を使ったチューニングを行ったことで、体感速度も速くなり、社内ではみな満足しています。計測結果もタイムラップを見られるので、以前の表示に比べて早くなったことが数字でも確認できています。

今回もお付き合いいただき、ありがとうございました。

Bookmark this on Hatena Bookmark

Case studyカテゴリの最新記事